ここから本文です

マラドーナが代表引退撤回を求めメッシに電話も華麗に“スルー” 「1日中電話したんだが…」

Football ZONE web 7/1(金) 20:20配信

2010年W杯の“英雄”指揮官が説得に当たろうとするも電話に出ず

 アルゼンチン代表の伝説的英雄、ディエゴ・マラドーナ氏が代表引退を表明したバルセロナ代表FWリオネル・メッシの翻意を求めるために何度も電話したが、華麗にスルーされたことを明らかにした。米テレビ局「FOXスポーツ」で語ったもの。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 A代表での主要国際大会初タイトルを懸けて、コパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)決勝のチリ戦に臨んだメッシ。0-0のまま迎えたPK戦で1人目のキッカーを務めるも、まさかの失敗によって優勝を逃す一因となり、試合後呆然とするエースは涙を流した。そして2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)、15年南米選手権に続く3大会連続の決勝敗退で傷心のスーパースターは、衝撃の代表引退を発表した。

 2010年南アフリカW杯でアルゼンチン代表監督を務め、メッシを指導したマラドーナ氏は「メッシがいなければ、我々は何も勝てない」とスーパースターを擁護。そして、必死に説得交渉に当たろうとしたという。

「私はメッシに電話したんだ。でも、留守番電話だった。昨日1日中電話したんだが……」

 アルゼンチンの英雄からの電話に出ないほど、メッシは心を閉ざしているようだ。

「待つことも必要だ。冷静になるんだ」

「私は彼にこう言うだろう。バケーションに行って、フットボールを含めて全てを忘れるんだ。1カ月間休んで、そこから私は復帰を要請する」

 電話をスルーされたマラドーナ氏だが、心は折れていないようだ。そして1カ月後に、再び代表復帰を要請する方針だと明らかにしていた。

 準備している口説き文句は、シンプルそのものだ。

「私はこう言うだろう。我々には君が必要だ、と。もしも、頼み続けたら彼はアルゼンチン代表に戻ってこない。待つことも必要だ。冷静になるんだ」

 マラドーナ氏はつれない素振りのメッシを籠絡する作戦を、周到に準備しているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/1(金) 20:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。