ここから本文です

平畠啓史さんが選ぶ、J1 1stステージベストイレブン。優勝の鹿島からは最多4人を選出!

フットボールチャンネル 7/1(金) 10:40配信

 ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。Jリーグサポーターにはおなじみ、平畠啓史さんが、2016Jリーグ ファーストステージのベストイレブンを選出! システムは優勝した鹿島アントラーズの4-4-2を採用。いったい誰が選ばれるのか!(選定:平畠啓史/取材・構成:中山佑輔)

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

GK:曽ヶ端準(鹿島)

 GKはやっぱり曽ヶ端さんかなぁ。(17試合で)失点10なんで、曽ヶ端さんでいいと思うんです。後ろがしっかりしてるところで、昌子選手、植田選手っていう若いセンターバックに安心感を与えてるところもあるだろうし。

 若いキーパーだったら、もうちょっと失点があったかもしれない。チョン・ソンリョン選手を入れるっていう考えもあるんでしょうけど、失点の少なさを見たら曽ヶ端さんなのかなぁという気はしますね。

CB:千葉和彦(広島)

 色々選んであげたい気持ちもあるけど、センターバック……、ベストイレブンですもんね。広島の千葉選手ですかね。この人の安定感というか、後ろでボールを回すときのあの落着き。スタジアムで見ると、思った以上に存在感があるんですよね。言い方はおかしいですけど、「真ん中でどっしりする」っていうか。

 もちろんフィードの正確さとか、前にボールを持ち出すタイミングとか、相手の隙を見つけるところは、非凡な感じがしますね。いわゆる古いCBじゃなくて、現代のCBに必要なものを持ってるなぁという感じがして。僕は結構好きですね。

CB:エドゥアルド(川崎F)

 千葉選手の相方……誰にしようかなぁ。川崎フロンターレのエドゥアルド選手にします。今年ここまで1敗で2位に来ている成績のなかで、この人の加入はすごい大きかったなぁっていう。残念ながら肉離れをやっちゃいましたけど。

 この人もやっぱり足元の確かさは本当にすごいですし、サイズも186cmあって大きいんです。僕は、フィードの面もあるんですけど、基本的に左利きのCBってすごく大事だと思ってて、その意味でもいいなぁと。フロンターレでCBをやるならパスを出せないと使ってもらえないっていうのはあると思うんで、そういう意味でも効いていたなという気はしますね。もちろん守備もしっかりしてるし。

 奈良選手も怪我さえなければ今年のパフォーマンスはすっごい良かったんで、オリンピックも行けただろうし、ベストイレブンにも入れたいくらいです。今年のフロンターレの目の付け所というか、新加入の選手たちはすごい良いかなと思います。

1/6ページ

最終更新:7/1(金) 10:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)