ここから本文です

スカーレット・ヨハンソンがヘビ役に挑戦 『ジャングル・ブック』特別映像で役作りを語る

リアルサウンド 7/1(金) 16:24配信

  8月11日に全国公開される映画『ジャングル・ブック』より、巨大なニシキヘビ“カー”役の声優を担当するスカーレット・ヨハンソンのコメント動画が公開された。

 本作は、『アイアンマン』シリーズのジョン・ファブロー監督が、ルドヤード・キプリングの同名小説を原作とするディズニーアニメーションを実写化した作品。ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリ(ニール・セディ)が、自然の掟と共に雄々しく生きていく模様を描く。

 この度公開された映像には、巨大なニシキヘビのカー役を務めたスカーレット・ヨハンソンのコメントが収められている。カーは、その魅惑的な声と催眠を促す視線でモーグリを誘惑し罠にかけようとするキャラクター。ミステリアスなジャングルの奥深くに住み、過去の出来事を見せる不思議な力を持っている。ヨハンソンは、カーについて「この映画のカーは、モーグリの過去を語るストーリーテラーなのよ。このキャラクターを新しく作り変えたことは、とてもスリリングな経験だったわ」と語っている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/1(金) 16:24

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。