ここから本文です

スティーヴン・セガール主演「沈黙」シリーズ最新作『沈黙の粛清』8月公開へ 予告編&ポスターも

リアルサウンド 7/1(金) 16:48配信

 スティーヴン・セガール主演最新作『沈黙の粛清』が8月20日より日本公開されることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、1992年からスタートした「沈黙」シリーズ最新作となるアクション・エンターテイメント。愛する家族をギャングに殺された米軍特殊部隊出身のロバート・サイクス大佐が、復讐と自らの正義を執行するため、街の悪党たちを次々に血祭りに上げていく死闘を描く。

 メガホンを取ったのは、『ガンズ・アンド・ギャンブラー』のマイケル・ウィニック監督。前作に引き続きセガールが主演を務めるほか、『リバー・ランズ・スルー・イット』のクレイグ・シェイファー、『パブリック・エネミーズ』のジェームズ・ルッソらが脇を固める。

 このたび公開された予告編は、セガール演じるロバート・サイクス大佐とFBI捜査官、巨大犯罪組織の三つ巴の全面戦争が描かれており、ロバート・サイクス大佐が次々と悪党どもを粛清する模様や、様々な武器を使い処刑を行う姿、車やビルの爆破シーンなどが収められている。一方のポスタービジュアルでは、“このオヤジ、無双!”“セガール史上、最も過激な復讐劇の幕が上がる!”というコピーとともに、炎で覆われ戦場と化したアメリカの街を背景に、ライフルを構えるロバート・サイクス大佐の姿が描かれている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/1(金) 16:48

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。