ここから本文です

「メッシの“心変わり”を確信している」。スアレス、傷心のエースの代表引退撤回を期待

フットボールチャンネル 7/1(金) 11:43配信

 アルゼンチン代表からの引退を表明したリオネル・メッシだが、バルセロナでチームメイトのルイス・スアレスは“心変わり”を期待しているようだ。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 6月に開催されたコパ・アメリカの決勝で、アルゼンチンはチリにPK戦の末に敗れた。2014年W杯、昨年のコパ・アメリカに続く主要大会での準優勝となったアルゼンチンだが、この試合の直後にメッシは「僕の代表での役目は終わった」と発言して代表引退を宣言した。

 代表ではメッシとはライバル関係となるスアレスだが、「僕はメッシが心変わりしてくれると確信している」と母国ウルグアイのラジオ局『Tenfield』に答えている。

「もし彼が決断したなら、それはフットボールの恥ずべきことだろう。でも、僕は彼が考え直して、心変わりしてくれることを確信しているよ」

 チリとの決勝は2年連続となるPK戦にまでもつれ込む激闘となったが、1人目のキッカーを務めたメッシのキックは大きく枠を外れてしまった。試合終了後には涙を流す場面あったが、傷心のエースが再び代表に戻ってくることはないのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/1(金) 12:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。