ここから本文です

ロナウド氏、メッシの代表引退撤回を望む「捨てられたような気分」

フットボールチャンネル 7/1(金) 20:40配信

 元ブラジル代表の偉大なストライカー、ロナウド氏が30日に自身のプロデュースするサッカースクール設立のため中国を訪れ、地元の大手メディア『新華社通信』のインタビューに応じた。

 その中でリオネル・メッシのアルゼンチン代表引退について問われたロナウド氏は「メッシの非常に個人的な決断なので、我々はそれを尊重しなければならない」と一定の理解を示した。

 しかし「私たちはみんなメッシに捨てられた気分だ。彼が決断を覆すことを願っているよ」と述べ、世界中の多くのファンと同じく偉大な名手の翻意を望んでいる。

「コパ・アメリカでのブラジル代表は間違ったプランに選手選考とひどいものだった。いまのブラジルは南米のトップから程遠い」と母国の代表チームにもご立腹のロナウド氏。メッシが今後自らの決断を見直し、レジェンドや世界中のサッカーファンを喜ばせる日はくるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/1(金) 21:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。