ここから本文です

C大阪生え抜きMF扇原、名古屋に完全移籍「成長したいという気持ちで決断」

フットボールチャンネル 7/1(金) 22:30配信

 セレッソ大阪は1日、元日本代表MF扇原貴宏の名古屋グランパスへの完全移籍を発表した。新しい背番号は「31」に決まっている。

 ジュニアユース時代からC大阪一筋でプレーしてきた扇原は、同クラブでJ1とJ2合わせてリーグ戦通算139試合に出場。U-23日本代表としてロンドン五輪にも出場したが、今季は新加入のソウザと山村和也にポジションを奪われて出場機会が激減していた。

 愛するクラブを離れることになった扇原はC大阪公式ファンサイト『まいど!セレッソ』で「この決断に関しては、非常に悩みました。今年こそJ1に昇格したい、試合に出てチームに貢献したいという気持ちがとても強かったです。ですが、チャレンジしたいという気持ちが強まり、このすばらしい環境を離れることを決めました」と移籍の理由を説明。

 さらに「J1昇格を目指している途中でクラブを離れることはとても心苦しく思っています。僕自身セレッソのJ1昇格を誰よりも願い、応援しています」と“古巣”になるC大阪へのサポートを約束した。

 小さい頃からの夢だったC大阪のトップチームでの活躍を諦め、名古屋移籍を「成長したいという気持ちで決断」したという扇原。新天地では貴重な左利きとして中盤からのビルドアップの核を担う存在として復活と活躍が期待される。

フットボールチャンネル

最終更新:7/2(土) 6:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。