ここから本文です

企業価値1.7兆円の米コワーキングスペース、「WeWork」が中国進出

Forbes JAPAN 7/1(金) 7:00配信

世界中の起業家らにコワーキングスペースが人気だ。家賃やランニングコストが上がる中、コワーキングスペースはフレキシブルでお洒落な仕事場をスタートアップ企業に提供する。



中国でも事情は同じで、コワーキングスペースは2年前に3,200箇所にのぼっていた。7月にはアメリカのコワーキングスペース「ウィーワーク(WeWork)」が上海に進出する。同社が初の拠点を設けるのは、洒落たバーやオーガニックカフェなどが立ち並ぶ上海の静安区のビルの2階と3階だ。

総床面積3,200平方メートルのオフィスは広々としており、ビンテージ風の雰囲気を醸し出している。本社をマンハッタンに置くウィーワークは初のアジア進出を果たすことになる。今年中には上海にさらに2か所と香港、さらにソウルとシドニーにも上陸する予定だ。

ウィーワークでアジア太平洋地域を統括するOle Ruchは「最初に上海に設置することに迷いはありませんでした。ネットワークが安定していて起業に対してオープンな都市であり、我々の理念に合っています」と語る。

中国の投資家から460億円を調達

中国の投資家から多額の資金を調達できたことも、アジア進出を後押しした。3月には聯想控股(レジェンドホールディングス)とそのプライベートエクイティファンドである弘毅投資がリードした投資ラウンドで4億3,000万ドル(約455億円)を調達し、企業価値は160億ドル(約1兆6,900億円)に上った。
これによってウィーワークはスナップチャットやエアビーアンドビーと並びベンチャー投資を受けている非上場企業の中でも有数の企業価値を誇るようになった。

ウィーワークによるとオープン前の段階で個室やオープンスペースの席の60%が契約済みと、滑り出しは上々だ。中国大陸を統括するフレッド・ルー(Fred Lu)は「ウィーワークのグローバル展開が魅力になっています。小規模な企業から比較的大規模な企業まで、駐在者や地元企業も契約しています」と説明する。
--{月額3.5万円から利用可能}--
他のウィーワークの拠点と同様に、上海でも共有デスクや占有デスク、個室が用意されている。オプション料金を支払えばコーヒーやビール、Wi-Fi、プリンター、会議室(卓球台のある部屋もある)のサービスも利用できる。利用料は月極めで、デスク1つあたり2,200元(約3万5,000円)からだ。

アメリカのウィーワークでは共有デスクが多い設計だが、上海ではセキュリティとプライバシーを重視する傾向をくみ取ってほとんどが個室だとルーは言う。会議室の壁に中国将棋のデザインを取り入れるなど、内装には中国の要素をコンテンポラリーテイストに仕立てて取り入れた。

「地元と関連性のあるオフィスにすることが我々の戦略です」とRuchは言う。「テナントにとって親しみやすいコミュニティを作ることが目標です」

コワーキングスペースのビジネスは中国でも急成長を遂げている。2010年設立の中国で最も古いコワーキングスペース「ピープル・スクエアード(P2)」の創業者Bob Zhengは「仕事や役割、ビジネスが流動的になっており、中国の若き起業家らは同じような考え方を持つ人と出会えることに魅力を感じているのです」と分析する。

P2は上海に16か所、北京に3か所、そして地元政府の支援を受けて寧波にも5月に新規に開設した。中国における家賃の高騰はすぐには収まらないと見られ、コワーキングは今後も成長を遂げるだろう。ウィーワークはこれまでで最も利益の上がる国を見つけられたのかもしれない。

Marianna Cerini

最終更新:7/1(金) 7:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ