ここから本文です

物流の未来を担う「Eハイウェイ」 スウェーデンで実験開始

Forbes JAPAN 7/1(金) 7:30配信

スウェーデンが公道において世界で初めて電気トラック向けのEハイウェイを試験的に導入した。カリフォルニアでも計画が進行中だ。



Eハイウェイとは、路面電車のように架線を設置して専用のトラックを走らせるもの。スウェーデン政府がストックホルム北部のE16ハイウェイに開設した軌道を、2台のディーゼルハイブリッドトラックが走行中だ。試験期間は2年間で、地元のトラックメーカーのスカニアとドイツのシーメンスの協力を得て実現した。

架線から電気を引き入れるパンタグラフは折りたたむことができ、電気の供給を受けたり止めたりできる仕様になっている。Eハイウェイを走るトラックは、路面電車とは違い、架線がない場所ではディーゼル燃料で走行する。

燃費は従来のトラックの2分の1

また、ドライバーは交通状況によって架線に接続するかしないかを選ぶことができる。架線接続時の最大速度は時速90キロに抑えられている。専用車が架線に接続している間にブレーキをかけると発電して電力を架線に供給するため、サスティナビリティ効率も高い。さらにシーメンスによると、燃費は従来の自動車と比べて2倍も良い。

スウェーデンは2030年までに交通セクターの化石燃料依存を解消する取り組みを行っており、Eハイウェイもその一環だ。現在スウェーデンのCO2排出量のほぼ半分は貨物輸送から発生しており、その割合は列車の輸送キャパシティを上げても今後上がる見込みだ。

スウェーデンの運輸管理局のチーフストラテジストであるアンダース・ベルントソン(Anders Berndtsson)は文書で、「スウェーデンにおける物流の大部分には道路が必要で、他の交通機関に振り替えられる量は限られています。トラックを将来的に使い続けるためにも、化石燃料依存を解消しなくてはならないのです。Eハイウェイはそれに貢献し、交通システムを補完する素晴らしいシステムです」と説明している。

1/2ページ

最終更新:7/1(金) 7:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。