ここから本文です

【J1第2ステージ展望】年間勝点でトップを争うのはどこか。リオ五輪が“足枷”に?

SOCCER DIGEST Web 7/1(金) 6:30配信

第2集団で勢いのあるクラブは…。

 今季J1の第1ステージは、川崎とのデッドヒートを制した鹿島の優勝に終わった。ただ、優勝と言っても、鹿島は11月に行なわれるチャンピオンシップ(CS)への出場権を獲得したに過ぎない。昨季以上に年間勝点を重視した今季のレギュレーションによれば、ステージ覇者はCSの1回戦、準決勝をいずれもアウェーで戦うことになっている。つまり、年間勝点2~3位よりも不利な条件を強いられるというわけだ。

【EURO2016】出場24か国の“美しすぎる”サポーターたち

 そうした背景もあり、第2ステージ開幕というよりは、単なる折り返し地点という意味合いが強いかもしれない。実際、川崎の中村は「ここまで積み上げた勝点がゼロになるわけではない」とコメントしている。また昨季と違って中断期間はなく、鹿島の第1ステージ制覇から1週間後の7月2日から第2ステージが始まるだけに、やはり“開幕感”は薄い。
 
 年間勝点で見た場合、その首位戦線をしばらくリードするのはおそらく首位の鹿島(勝点39)と2位の川崎(勝点38)だろうが、果たして最後まで走りきれるか。両クラブにとって懸念のひとつが、8月開催のリオ五輪。鹿島はCBの植田、川崎はMFの大島などの主力組がリオ五輪代表の活動(7月後半から最大8月20日あたりまで)で不在となるからだ。
 
 3位の浦和(勝点33)はオーバーエイジ枠(OA)の興梠やDFの遠藤、4位の広島(勝点29)もOAの塩谷、FWの浅野などを同様の理由で、リーグ戦で最大5試合使えなくなる可能性がある。夏場はまさに消耗戦。もしかすると7月後半から8月にかけて、彼ら主力を欠く上位4チームが揃ってパフォーマンスを落とすかもしれない。

 ただ、第2集団(5位・大宮=勝点26~11位・横浜=勝点22)で勢いのあるクラブがいるかと言えば疑問符が付く。6位のG大阪はむしろ宇佐美移籍(アウクスブルクへ)のダメージが懸念され、5位の大宮と7位の柏はリーグ戦で4試合続けて勝ち星がない。

 8位の磐田と9位のFC東京は勝ったり負けたりを繰り返し、10位の仙台は第1ステージの17節で4連勝がストップ。11位の横浜も不安定な戦いを続けているだけに、ここから年間優勝争いに食い込むのはいずれのチームにとっても簡単なことではない。
 
 あくまで現状(6月30日現在)で判断すると、年間勝点でトップを争うのは上位4チームになるだろうか。シーズンの行方を左右するポイントは、消耗戦となる夏場にキーマン不在の穴を埋める“代役たち”。鹿島はCBのブエノ、川崎はMFの大塚や森谷、浦和はFWのズラタン、石原、梅崎、DFの永田、広島はMFの茶島、CBの宮原あたりになりそうだが、果たして……。

最終更新:7/1(金) 6:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。