ここから本文です

智将エメリを招聘したパリSGが獲得間近の4人とは?

SOCCER DIGEST Web 7/1(金) 6:00配信

攻撃性能の高さは一番手のオーリエに勝るとも劣らない。

 6月27日にロラン・ブラン監督の退任を発表し、その翌日にセビージャを前人未踏のヨーロッパリーグ3連覇に導いたウナイ・エメリを招聘したパリSG。
 
 44歳のスペイン人指揮官の下で新たなスタートを切ったフランス王者は悲願のチャンピオンズ・リーグ制覇に向け、いかなるタレントを獲得するのか。
 
 すでにメディカルチェックを通過したと言われているのが、フランス代表のアテム・ベン・アルファ。15-16シーズンは17得点・6アシストと、ニースで華麗な復活を遂げた天才ドリブラーが、間もなく首都のクラブに加入する。
 
 そのベン・アルファに続いて急接近しているのが、セビージャに所属するポーランド代表のMFグジェゴシュ・クリホビアクだ。ボール奪取能力に優れるうえ、パスの質も高い26歳で、怪我のリスクがつきまとうアンカーのチアゴ・モッタに代わる新レギュラーとしてまさに打ってつけの存在。移籍金4500万ユーロ(約63億円)で合意に達したとも。
 
 同じくエメリが獲得を熱望しているのが、ベルギー代表の右SBトーマス・ムニエ(クラブ・ブルージュ)だ。優れているのは機動力とクロスの精度で、その攻撃性能の高さは一番手のセルジュ・オーリエに勝るとも劣らない。こちらは700万ユーロ前後の移籍金(約9億8000万円)で決着しそうだ。
 
 カタールの投資ファンド『QSI』がオーナーとなった11年から力を注いでいるのが、若手逸材の確保。そしてこの夏に加わりそうなのが、リオ五輪出場が有力視されるアルゼンチン代表の20歳、ジオバニ・ロ・チェルソだ。所属するロサリオ・セントラルでは不動の司令塔として君臨し、絶妙なタイミングで繰り出すスルーパスは絶品。ボーナス込みの移籍金1400万ユーロ(約19億6000万円)で、入団の運びとなるだろう。
 
 気になるのは、15-16シーズン限りで退団したズラタン・イブラヒモビッチに代わるクラブのシンボルが誰になるか。第一希望のクリスチアーノ・ロナウド、そしてネイマールのどちらも契約延長が濃厚となったいま、動向を注視しているのがハメス・ロドリゲスだ。
 
 R・マドリーに正式なオファーはまだ出していないものの、代理人のジョルジュ・メンデスには接触済み。はたして、マンチェスター・Uやアーセナルとの熾烈な争奪戦を制すことができるのか。注目が集まる。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:7/1(金) 6:18

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。