ここから本文です

見事な同点弾、PK戦では自ら志願――驚異の18歳、レナト・サンチェス

SOCCER DIGEST Web 7/1(金) 8:48配信

殊勲の同点弾! 大会史上3番目に若いゴールスコアラーに。

 この日の主役は大エースのクリスチアーノ・ロナウドでも、スーパーサブのリカルド・カレスマでもなく、18歳のレナト・サンチェスだった。
 
 EURO2016のベスト8、6月30日のポーランド対ポルトガル戦。グループステージの初戦と3節、ラウンド16で途中出場していたサンチェスは、右の攻撃的MFで今大会初スタメンを果たした。
 
 しかし、ポルトガルは開始2分でロベルト・レバンドフスキにゴールを許し、いきなりビハインドを背負う。この窮地を救ったのが、背番号16だ。右サイドを起点に、中央に左サイドにとエネルギッシュに動き回り、ポルトガルの攻撃を活性化する。
 
 そして、33分だった。
 
 オン・ザ・ボールで右サイドを前進したサンチェスは、ペナルティーエリア手前で右前方のナニにパス。ダイレクトで戻ってきたボールを右足でトラップ後、即座に左足を振り抜くと、ゴールネットに突き刺さる。この貴重な同点弾は、大会最年少得点記録で3番目にあたるものだった。
 
 サンチェスはその後も、ドリブル、パス、ボール奪取などで貢献。後半に入って消える時間が増えたし、やや状況判断が甘いシーンも見受けられたが、延長戦を含めて120分間を戦い抜いた。
 
 そして、PK戦ではC・ロナウドに続く2番手で登場。臆することなく右足を振り抜き、見事にこれを成功させる。ポーランドの4人目、ヤクブ・ブワシュチコフスキが失敗し、ポルトガルは2大会連続でベスト4進出。サンチェスはUEFA選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。
 
「右サイドで上手くプレーできた。いきなりの失点を取り戻そうと、ゴールは狙っていた。決まって良かったよ。マン・オブ・ザ・マッチはもちろん嬉しいけど、チームが勝ったことが何よりも大事なんだ。努力が報われ、幸運を手にすることができた」
 
 試合後、そう語ったサンチェスは、PK戦に関しては次のようにコメントしている。
 
「監督が希望者を募った。クリスチアーノ(ロナウド)が1番手を引き受けてくれたから、僕は2番目がいいって言ったんだ。監督は自分を信頼してくれたし、僕も自信があったよ」
 
 日本でいえば、高校を卒業したばかりの年齢(今年8月18日で19歳)で、巨大なプレッシャーがかかるEUROのベスト8でPK戦に志願し、見事に決め切る――、パーソナリティーの強さは半端ではない。

1/2ページ

最終更新:7/1(金) 8:57

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。