ここから本文です

レバンドフスキ「1試合も負けていないのに、大会を去るのは…」

SOCCER DIGEST Web 7/1(金) 11:01配信

悔しさと満足感を同時に味わった大会史上2番目の最速得点者。

 EURO2016の準々決勝、ポーランド対ポルトガル戦は、PK戦の末に後者が準決勝へ駒を進めた。
 
 ポーランドは開始2分、エースのロベルト・レバンドフスキが先制ゴールを挙げたが、前半のうちに同点とされ、2試合連続となったPK戦では、4番手のヤクブ・ブワシュチコフスキが外して、フランスからの帰国を余儀なくされた。
 
 大会史上2番目に早いゴールを決めたレバンドフスキは、悔しさと満足感を同時に味わったようだ。以下は彼のコメントである。
 
――◇――◇――
 
 1試合も負けていないのに(PK戦決着の試合は記録上、引き分けとなる)大会を去らなければならないのは、とても辛いことだ。
 
 ただ、欧州の大舞台において、ここまで来られたことには満足しているし、とても嬉しく思っている。簡単なことではなかったからね。
 
 自分たちのポテンシャルの高さを示すことができたし、ここで成し遂げたことは、将来に役立つはずだ。

【EURO2016】出場24か国の“美しすぎる”サポーターたち

最終更新:7/1(金) 22:38

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。