ここから本文です

浦和からのオファーが報じられた細貝萌。「まだ帰れない、という思いがある」と複雑な心境を吐露

SOCCER DIGEST Web 7/1(金) 16:03配信

一端渡欧し、ヘルタ・ベルリンなどのクラブと話し合いを持つ。

 昨季トルコ1部・ブルサスポルでプレーした元日本代表・細貝萌が、来季の去就について現況を語った。

【EURO2016】出場24か国の“美しすぎる”サポーターたち

 昨季、開幕直後に独ヘルタ・ベルリンからブルサスポルに期限付き移籍した細貝は、ドイツメディアで古巣の浦和からオファーがあると報じられている。
 
 細貝は、ヘルタ・ベルリンとの契約を17年まで残しているが、ブルサスポルも買い取りのオプション行使の意向を示している。細貝は関係者によると「現時点で、どこでプレーするかは決まっていない」という。
 
 欧州6年目(7シーズン目)となる細貝は「自分自身もどうなるのか分からないなかで、国やリーグは関係なく、人間としてより成長できる場所でプレーしたいと思っています」とした上で「来季は海外で7シーズン目となりますが、自分としては強い意志を持って海外へ出たので『まだ帰れない』という思いがあります。その一方で、国内で評価してくれるクラブがあるというのは嬉しいことです」と複雑な心境を吐露した。
 
 細貝は7月1日に一端渡欧。ヘルタ・ベルリンなどのクラブと話し合いを持つという、今年30歳となった細貝がどんな選択をするか注目だ。

取材・文:伊藤寿学(スポーツライター)

最終更新:7/1(金) 16:07

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。