ここから本文です

【リオ五輪】中島翔哉が語るオリンピック必勝法。「“そこ”に頼りすぎてもダメ」

SOCCER DIGEST Web 7/1(金) 18:53配信

「個人で勝負しないのは違う」

 メンバー発表当日の中島は、その喜びを訊かれても表情を崩さない。いつもと変わらぬ淡々とした口調で次のようにコメントしていた。
 
「メンバーに選ばれて嬉しいですし、責任もある。楽しんでサッカーをしたいと思います。発表前も特に緊張はなくて、普通でしたね、たぶん。良いプレーをして、勝ち続けて、メダルを獲りたいです」
 
 中島にとって「楽しむ」というのはいわゆる常套句。ただ、勝つだけでは意味がない。楽しんで勝たないと意味がないというのが、このテクニシャンのモットーなのだ。
 
 しかし、決して独り善がりのプレーを好んでいるわけではない。今回のリオ五輪を勝ち抜くうえでも、中島はチームワークが重要だと言っていた。
 
「日本の組織力、チームとしてのまとまりを出せれば、勝てるチャンスが膨らむ。個人としては攻撃面で違いを出して、毎試合ゴール、アシストだったり、そういうプレーをやらないといけないです。やっぱり組織がないと日本は勝てない。チーム力というか、そういうものは絶対に必要。オーバーエイジの選手と話し合うことも大事です。ピッチで要求しあえば、良さも分かってもらえるはずです」
 
 協調性を重視しているからこそ、背番号へのこだわりも特にない。FC東京には北京五輪で10番を付けた梶山、ロンドン五輪で同じく10番を付けた東がいるが、「背番号は手倉森監督が決めることですし、どの番号でも活躍しないとダメ。常に活躍できる選手にならないとダメだと思います」
 
 ただ、中島はチームワークだけで勝てるとは考えていない。理想は、個と組織の融合だ。
 
「組織力に頼りすぎて、個人で勝負しないのは違う。やはり、その両方を出していけたらと思う。開催地のブラジルはサッカー大国なので楽しみ。観客もいいプレーをすれば盛り上がってくれると思う。過酷な環境だけど、それに打ち勝っていきたい」
 
 

【リオ五輪PHOTO】正式登録メンバー18人が決定!

「いろんなものを背負いながら戦ってしっかりと勝ちたい」

 リオ五輪が「これまでの人生で一番大きな大会」という中島には、負けられない理由がある。FC東京でメンバーに選ばれなかった選手のためにも、異国の地でその実力を証明しなければならない。
 
「(橋本)拳人も(小川)諒也も、ヒデ(野澤英之)も代表でやった仲間。本当は全員で行ければいいけれど……。選ばれた自分と(室屋)成は、いろんなものを背負いながら戦ってしっかりと勝ちたい」
 
 クラブで出番に恵まれず、怪我をした時期もありながら、U-23代表に選んでくれた手倉森監督に恩返しするためにも、中島はリオ五輪で勝利を掴みたいと考えている。
 
「日本の代表としてオリンピックに出る覚悟はあります。そのうえで、全力でやって、楽しんで、良い結果を得たい。メダルを獲れれば、これまで支えてくれた人たちへの恩返しになる」

最終更新:7/19(火) 15:45

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。