ここから本文です

【J1展望】鹿島×G大阪|ともに主力流出の“ショック”を払拭する戦いをみせられるか!?

SOCCER DIGEST Web 7/1(金) 19:00配信

鹿島――試合前日にカイオの移籍が決定的に…。

J1リーグ2ndステージ1節
鹿島アントラーズ-ガンバ大阪
7月2日(土)/18:30/県立カシマサッカースタジアム
 
鹿島アントラーズ
1stステージ成績:1位 勝点39 12勝3分2敗 29得点・10失点
 
【最新チーム事情】
●カイオのUAEリーグのアル・アインへの移籍が決定的に。G大阪戦前日の出来事とあって、チームへの影響が懸念されるが、この日の練習前にクラブ幹部が選手を集め、今までと変わらない奮闘を呼びかけた。
●リオ五輪代表の選出が決まった植田と櫛引。ふたりはカシマスタジアムで会見し、「鹿島の代表として戦ってきたい。戦う姿を見てほしい」と口を揃えた。
●コンディションに問題か。絶対的なエース金崎は、前日練習は不参加。G大阪戦の出場は微妙。
 
【担当記者の視点】
 急転直下の移籍劇だ。
 
 中東から獲得オファーが届いていたカイオだったが、一部報道では断りを入れたと報じられていた。しかし、G大阪戦前日、UAEのアル・アインへの移籍が決定的に。すでにカイオは日本を発っているという。
 
 切り札としても貴重な働きを見せていたブラジル人アタッカーの流出は、大きな戦力ダウンとなるのは必至。G大阪戦は中村のスタメンが濃厚だが、「カイオ・ショック」を乗り切るためにはチームが一丸となって戦わなければならない。
 
 第1ステージ最終節で出場停止だった昌子が、最終ラインに復帰する。6月29日にU-23代表として南アフリカ戦を戦った植田も先発する見込みで、リーグ最少失点を誇る堅守で難敵を迎え撃つ。
 
 攻撃陣は、前日練習は不参加だった金崎の状態が気がかり。欠場の場合は、赤﨑が土居と2トップを組むことになりそうだが、今季公式戦はいまだノーゴールの悩めるストライカーは、訪れたチャンスをモノにできるか。
 
“完全制覇”を狙う第2ステージの初戦は、チームの総合力が問われる一戦となる。
 

1/2ページ

最終更新:7/1(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。