ここから本文です

家事の達人に教わる!「予防家事」寝室編

東京ウォーカー 7/2(土) 7:02配信

「寝室は、寝ている間の汗で湿気がたまりやすいところ」と本間朝子さん。しかも、ダニやカビの栄養になるホコリや髪の毛、皮脂、フケなどもいっぱい。布団派はもちろん、天日干しできないベッド派は“予防家事”でダニ&カビの繁殖を防いで!

【写真を見る】ベッド下の収納はほどほどにして、通気性&掃除機のかけやすさを確保しよう

1.マットレスの下に本を挟んで湿気を飛ばす/ベッド本体とマットレスの間は、寝ている間の汗など湿気がたまりやすい場所。「厚い本などを挟んですき間をつくり、時々風を通すだけでも違います。朝起きたら掛け布団をめくって湿気を逃がすのも習慣にして」。

2.ベッド下の収納はほどほどにし、通気性を確保/「ベッド下の空間はつい収納に使いたくなりますが、湿気を呼びやすくなるので、ものを置かないのが理想です」。置く場合でもすき間をあけて通気性と掃除のしやすさをキープ。ホコリをためないようにしよう。

3.枕カバーをまめに替えない場合は、タオルを掛ける/枕カバーにはダニの餌となる皮脂やフケがつきやすいので、こまめに洗って。「外すとき裏返し、そのまま洗って表に返しながらつけるとラク。着脱が面倒な場合はタオルを掛けて、タオルをこまめに洗うようにして」。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/2(土) 7:02

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016