ここから本文です

太りにくい体を作る!1カ月で効果を出すダイエット!

R25 7/2(土) 7:00配信

たるんだ二の腕、お肉の余ったお腹……そんな姿を鏡で見て、「今すぐ痩せたい!」と思う。一生懸命ダイエットに励んでは何度も失敗してきた、そんな人も少なくないと思います。今年も腕やお腹が気になって頑張ってみたけれど、ダメだったと思っている人は、もしかしたら、そのダイエットの仕方が間違っているのかもしれません。

●そのダイエット法、大丈夫?

「すぐに痩せたい」と思う人がまず間違うのが、「食べるのを我慢して痩せようとすること」です。何か一つの食品だけを食べ続けたり、ご飯の量を極端に減らしたりという方法で、確かに、一時的に体重を減らすことはできます。

しかし、偏った食事で必須アミノ酸が不足するために、筋肉量が低下し、少ない摂取カロリーでも活動できるように、体が自然に消費カロリーをおさえるようになります。そのことで基礎代謝が低下します。

結果、一時的に痩せることはできても、体の状態は逆に太りやすくなるのです。あとでリバウンドした時には、ダイエット前よりも太る上に、さらに痩せにくくなってしまうのです。

●「太りにくい体」を目指そう!

そうなると、「食べるのを減らさずに、たくさんカロリーを消費すれば大丈夫だ!」と考えて、極端に激しい運動で痩せようとする人もいます。でも、運動の習慣がなかった人が、いきなり激しい運動を取り入れることは危険性もともないます。また、疲れすぎて、日常生活に支障をきたす可能性も。

実は、太りにくい体になるために激しい運動をする必要はありません。1日の消費エネルギーのうちの7割は、基礎代謝です。

まずは、基礎代謝を高めるように行動することが、太りにくい体になるコツです。そのために必要なのが、眠っている筋肉を目覚めさせること。簡単なことでも充分、筋肉量アップにつながります。

・ パソコンに向かう時やテレビに向かう時に、お腹を引き締めて座る
・ 歩くスピードを速くする
・1日の中で行う家事の分量を増やす
・ お風呂に入る時に、鏡を見ながら腹筋を動かす(立ち腹筋)
・ 歯磨きをしながら足踏み(腿上げ)をする

いきなり激しい運動をするのではなく、日常生活の中で無理なくできることからはじめて、コツコツと運動量を増やし、基礎代謝を上げてゆきましょう。

そして、食事は3食きちんと食べます。昼食と夕食の中間の時間であれば、間食もOKです。約5~6時間ごとに食べ、寝る前の3時間は食べないことがポイントです。飢餓感を感じると、体はすぐに消費エネルギーを抑えようとします。

これを防ぐために、3食しっかり食べることが重要なのです。活動時間帯が夜遅い人は、夕食を前倒ししてとると良いでしょう。

次に、食事の際に食べる順序を変えてみましょう。

1.食物繊維の入ったもの(海藻や野菜)
2.たんぱく質の入ったもの(肉・魚・卵など)
3.糖質を主成分とするもの(ごはん、パンなど)

の順序で食事をしてみてください。この順序で食べると、消化吸収を遅らせ、糖質吸収をおさえることができます。言わば「太りにくい食べ方」なのです。

そのうえで、1カ月間だけは主食を1食のみ、朝食か昼食だけとることにします。ただし、男性の場合は体脂肪が30%以上、女性の場合は体脂肪が35%以上の人に限ります。

主食を長期間とらないことは体に大変な負荷をかけるので、1カ月以上続けてはいけません。1カ月以内であっても、体調に不調を感じた場合には、すぐに主食抜きをやめてください。1カ月を過ぎたら、主食を1日2食以上に徐々に増やしてゆきましょう。3食主食に戻ったら、太りにくい体の完成です。このダイエット方法で、もう1カ月だけ頑張ってみませんか?

(enJOY Complex編集部)


記事提供/『エンジョイコンプレックス』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/2(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

なぜ今? 首相主導の働き方改革