ここから本文です

中山優馬がさかなクンで安井謙太郎はヘタレ!?

Smartザテレビジョン 7/2(土) 14:02配信

映画「ホーンテッド・キャンパス」の初日舞台あいさつが7月2日に都内で行われ、中山優馬、島崎遥香(AKB48)、大野拓朗、高橋メアリージュン、安井謙太郎(ジャニーズJr.)、竹本聡志監督が登壇した。

【写真を見る】島崎遥香はきらびやかなミニワンピで登場

同作は、「第19回日本ホラー小説大賞」読者賞を受賞し、若者の間で人気の同名小説を映画化。大学のオカルト研究会を舞台に、ヘタレな大学生・森司(中山)が大好きな後輩・こよみ(島崎)のために、呪われたキャンパスの謎を解決していく青春オカルトミステリー。

中山は「撮影は1年以上前に終わってますが、初めて完成した作品を見た時に懐かしいと思いつつ、仕上がった物は迫力があり、映画って価値のある物だなって思いました」とあいさつ。

すると、島崎が「昨日の夜から全く同じことを考えていたのに、今言われてしまって…。言うなよぉ!って思いました」と悔しがる。中山は疑いの目を向けたが、島崎は「メモ帳にも書いたから。後で見せてあげる」と譲らなかった。

また、トークセッションでは「ヘタレだと思う人」に中山、島崎、高橋が安井の名前を挙げた。中山は「完成した作品を一緒に見ていて、怖いところで毎回ビクッとなるのがイラっとした。(出演者だから)分かっとるやん!って」と暴露。大野から「ヘタレ謙太郎」、中山から「ヘタケン」といじられると、安井は「改名せえへんよ。公開初日にヘタレの烙印(らくいん)押されるって何なん?」と困惑していた。

さらに「中山の意外な一面」では、高橋が「かっこいいけど、ユーモアもある。さかなクンみたいで…」と切り出すと、竹本監督も「ラストカットの中山君の表情がさかなクンだった」と続く。中山は「(現場で)監督にさかなクンの顔になってる!って言われたけど」と抵抗しながらも、安井から「(中山は)虫が嫌いですよね。はい、虫!」と振られ、「ギョギョ!」とさかなクンの物まねで会場を盛り上げた。

最終更新:7/2(土) 14:04

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。