ここから本文です

独占インタビュー・岡崎慎司 「優勝した瞬間、すべてのものが吹っ飛んでいった」

BEST TIMES 7/2(土) 6:00配信

昨シーズンのサッカー界、最大の話題といえばレスター・シティのプレミアリーグ優勝で異論はないだろう。降格と昇格を繰り返した「エレベータークラブ」が、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドといった世界的ビッグクラブを抑え、その頂点に立った事実は驚きとともに語られた。一方、そのレスター・シティのレギュラーとしてチームの躍進を支えた岡崎慎司は、メディアの前で「悔しい」「怒り」という言葉を繰り返した。6月初旬に発売後、たちまち6万部を突破した、プレミア一年目を振り返った書籍『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)にはその心情の変遷が詳しいが、歴史的快挙の立役者となった一年を総括する書籍のタイトルが「未到」とは穏やかではない。なにより、日本を代表するエースストライカー、親しみやすい雰囲気を身にまとい、泥臭いプレーを信条にチームの勝利を優先し献身的なプレーを見せる「典型的な日本人選手」として語られてきた彼はなぜ、一見そのイメージと相反するような言葉を繰り返したのか。サッカー界にとっては「奇跡」として語られるレスター・シティの一年。しかし、われわれ日本人にとっては、日本を代表するストライカーが、これまで見せることのなかった「秘めた心のうち」を明かし、新たな日本人フォワード像へ突き進もうとする一年であったことを見逃してはならない。7日間連続・独占インタビュー2日目、公開! 

優勝が決まる試合、前半戦の気持ちは「チーン…」でした

 ――「悔しい」と語られた一年だったわけですが、では「優勝」の味を味わうことはできなかったのですか? 

それが今シーズンの面白いところではあるんですけど、正直に言えば、優勝が決まるまでは「優勝が決まっても素直に喜べないだろうな」という思いだったんですね。話してきたとおり、悔しさがあったから。やっぱりフォワードとして5点は少ないし、いつも60分、70分で代えられることも悔しかった。「嬉しいだろうけど、心から喜ぶことはできないだろうな」という気持ちがあったわけです。

――では、実際に優勝決定の瞬間を迎えて本気で喜ぶことはできなかった。

いや、それがそんなことはどうでもよくなるくらい嬉しかったんですね(笑)。もう、それまで思っていた感情なんて忘れてしまうくらい嬉しくて、最高の瞬間でした。ツイッターに「我を失うくらい嬉しい」って書き込んだんですけど正しくは「我を忘れる」ですよね(笑)。興奮しすぎて、書き間違えたんです。「心から喜べないだろう」と思っていたものが、まさかの大興奮。ギャップがすごかったですね。

――とはいえ、昨シーズンの総括が「未到」「悔しい」だとすると、この嬉しさがまた失われる瞬間があるわけですか? 

優勝した喜びを失うってことではないですけど、そうですね。

――なるほど。ではそれはのちほどうかがうことにして、優勝した瞬間はどこで過ごされたのですか? 

ヴァーディの家ですね。その時2位だったトッテナムとチェルシーの試合をチームメイトで見たんです。

――それは、誰かが呼びかけたのですか? 

トッテナムが引き分けるか負けるかで僕たちレスターの優勝が決まる状況だったので、ヴァーディの呼びかけでみんなが集まった。こうやって一声掛けると、みんな集まってくるのがこのレスターというチームのいいところですね。みんなで見ることは前日に決まったんですけど、みんなで観ることが決まったあたりから僕自身、まだ優勝もしていないのに、気持ちがすごく盛り上がってきたんです。いいチームに来たなあって。

――とはいえそのトッテナムとチェルシーの試合は、前半で2対0とトッテナムが勝っていて、正直この試合で決まることはないかな、という展開でした。

自分のなかでも「チーン」って感じでしたね(笑)。

――はははは。

チェルシーがあまりにも簡単に失点していたので、チームメイトも「チェルシーどうした!」「何をやってるんだ」とか言いながら、「ラスト10分でもこの点差だったら帰ろう」というような雰囲気でした(笑)。僕自身も、ちょっとこの試合は勝てる見込みなさそうだな、と思っていたし、やっぱり自分たちでしっかり優勝を決めなきゃダメなのかな、と思いながら見ていましたね。

――それがあれよあれよと、同点に。

そうですね。まずケーヒルが一点目を決めた時点で「これはあるぞ!」「あと30分楽しめる!」っていう「プチ喜び」が湧いてきましたね(笑)。

――レスターの指揮官ラニエリは、かつてチェルシーでも指揮を執っていて「ラニエリのために」のようなメッセージボードを観客が掲げているなど、スタジアムの雰囲気もすごくよくなっていった気がします。

かなり激しい試合展開になりましたよね。正直、驚いたんですよ。「なんでチェルシーはこんなに(順位も関係なくなった試合で)頑張ってくれるんだろう」って。
でも一方で、僕たちレスターが戦ってきたシーズンに対する、サッカー選手としてのリスペクトのようなものは感じました。もしかしたらそういう部分というのは、ラニエリの人柄があってこそだったのかもしれません。人柄というか、そういう部分が、周りを味方につけるじゃないですけど、一押しになった気がします。

明日のテーマは「ヴァーディの家で、喜びと感傷に浸った」です。お楽しみに! 

 

文/岡崎 慎司

最終更新:7/8(金) 9:06

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。