ここから本文です

「目標をあきらめることこそベストな問題解決策」という見方

ライフハッカー[日本版] 7/2(土) 12:10配信

目標を掲げ、それに向かって努力を重ね、成果を出す。

ヒトはこの繰り返しによって、日々成長していくものですが、「目標を達成すること」自体が「目的化」してしまうと、無用なストレスの元となることも...。こちらでは、このテーマについて採りあげてみましょう。

ブロガーのJohnathan Mead氏は、目標をあきらめることは、有効な問題解決策であると提唱しています。
 

もちろん、目標を持つことはいいことですが、これらの目標を達成することが、常に自分にとって良いこととは限りません。ヒトは、ときに本来の目的を忘れて、「目標を達成する」こと自体に力を注いでしまうことがあります。

Mead氏は、目標に囚われすぎない生き方の実践について、次のように述べています。


“何かを実現しようとするとき、不必要な不安が多く生み出され、これが心理的なストレスをもたらします。これをあきらめたとき、自分の人生をそのまま受け入れられるようになりました。もちろん、必要なときに行動を起こすこともあるけれど、自分の幸せを、ある目標やモノ・コトに依存させるのはやめました。私たちが直面する問題の多くは、実体があるものというよりも、私たちの意識のみに存在する、精神的な想像上の「障害」のようなものなのです。”


達成しようとする目標において、その価値よりもストレスのほうが多くなったら、潔くあきらめ、その目標から自分を解放することも一法、ということのようですね。そして、これを冷静かつ的確に判断するためには、本来の目的を見失わないことも大切かもしれません。

このほか、「思い切ってあきらめる」系の記事としては、ライフハッカーアーカイブ記事「時間もパワーも有限だから...『不要な取り組みは思い切って捨てる』ススメ」(http://www.lifehacker.jp/2010/11/101122abondan_craps.html)なども、ご参考まで。




The Best Way to Solve a Problem: Give Up [Illuminated Mind]
Whitson Gordon(原文/訳:松岡由希子)

最終更新:7/2(土) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。