ここから本文です

70年代ヒット作『カプリコン・1』『カサンドラ・クロス』が初ブルーレイ化 オリジナル予告映像も

リアルサウンド 7/2(土) 0:07配信

 70年代のヒット作『カプリコン・1』と『カサンドラ・クロス』の初ブルーレイが、7月20日に発売されることが決定し、あわせてオリジナル予告映像も公開された。

 『カプリコン・1』と『カサンドラ・クロス』は、どちらも70年代に日本で公開されたサスペンス・アクション映画。『カプリコン・1』は1978年の正月映画(77年末に公開)として年間洋画配収第8位(配収約8億円)、『カサンドラ・クロス』は1977年の正月映画(76年末に公開)として年間洋画配給収入第3位(配収約16億円)をそれぞれ記録している。

 この度公開された予告映像以外の特典として、『カプリコン・1』には、1981年に使用された初回放送時の吹替音声が収録されている。さらに、『カサンドラ・クロス』には、1979年に使用されたテレビ放送版の吹替え音声に加え、1982年に発売されたレーザーディスク専用の吹替音声が収録されている。いずれも、初回放送のマスター素材である16ミリシネテープからデジタイズされた音声が収録されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/2(土) 0:07

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。