ここから本文です

苦境打破へ、「4番長野」が握る由伸巨人の命運

ベースボールチャンネル 7/2(土) 11:00配信

オーダー編成に苦しむ現状

借金3を抱えて7月に突入、由伸巨人の苦しい戦いが続いている。

30日の中日戦(東京ドーム)は21歳若松駿太に散発2安打に押さえ込まれ完敗。
これで6月は10勝13敗と負け越しとなった。
なんとか2位をキープしているものの首位を走る広島とは現在9.5ゲーム差。
96年は11.5ゲーム差を逆転したメークドラマ、08年は13ゲーム差をひっくり返しメークレジェンドを起こしたが今の巨人に当時の爆発力はない。
クルーズ、立岡宗一郎、片岡治大、亀井善行といったレギュラー候補がことごとく故障離脱。
さらにキャンプから「4番ファースト」として期待されたギャレットは、時折固め打ちを見せるものの気が付けば「7番レフト」で出場する日々。
開幕当初の構想が崩れ、由伸監督がチョイスした代わりの4番打者は阿部慎之助でも村田修一でもなく、長野久義である。

今シーズンの巨人で、この長野ほどチーム事情で打順がめまぐるしく動いた選手は他にいない。
開幕戦は「1番ライト」でスタートするも、4月13日のヤクルト戦では坂本の欠場に伴い「3番ライト」を任せられた。
それから5試合続けて3番でスタメン出場も、4月23日のDeNA戦から坂本が戻ると再び1番バッターへ。
すると今度は4月29日にクルーズが左足首痛で登録抹消され、代わりに「5番ライト」として出場。
その後は得点力不足に悩むチーム状況もあり度々オーダーを組み替え、5月7日の中日戦では再び1番へ。
さらに5番や6番も経験し、5月29日の阪神戦で由伸監督は「4番ライト長野」を決断。
交流戦前最後のリーグ戦、阿部が今季初めて1軍合流する直前の出来事であった。

長野の復調なくして巨人の浮上なし

そんな中、黙々とここまでフル出場を続ける選手会長。
74試合 打率.289 4本 22打点 OPS.719 得点圏打率.232
6月の月間打率は3割を越えるが、4番打者として見てしまうと寂しい打撃成績が並んでいる。
ルーキーイヤーの10年と13年に記録した19本塁打が自身最多と元々中距離打者だが、今季の長野はここまでわずか4本塁打。
打率.251と不振に苦しんだ昨季でさえ15本塁打を放ったこと考えると物足りない数字である。
さらに気になるのは、本塁打だけでなく年々各スタッツが徐々に下がっていることだ。
入団以来3年連続で8割越えのOPSは15年.726、16年.719。
同じく入団以来4年連続で二桁盗塁をマークし、12年には20盗塁を記録した盗塁数も15年3盗塁、16年3盗塁と激減。
14年オフの右膝手術の影響に加え、徐々に脚力が衰えてきているのは否めない。

3番の坂本勇人が「打率.327 15本 44打点 OPS.1.007 得点圏打率.323」と存在感を見せているだけに、夏場に強い4番長野の奮起が待たれるところだ。
原前監督も度々「これからはサカチョーが中心」と期待をかけていた坂本と長野のコンビ。
巨人の逆転優勝はこの2人の活躍に懸かっていると言っても過言ではないだろう。
プロ入り以来、7年間ずっと1軍の主力として試合に出続けている長野。
1年目新人王、2年目首位打者、3年目最多安打。11年から13年まで3年連続ゴールデングラブとベストナインのダブル受賞。
あの頃の背番号7は最高に輝いていただけにもどかしい。

早いもので、84年生まれの長野は今年で32歳だ。
V3を支えた功労者たちとともにその役割を終えるのか?
それとも新しい4番打者として、27歳の坂本や26歳の菅野と新時代の巨人を作るのか?
今、長野久義は野球人生の分岐点にいる。


中溝康隆

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/2(土) 11:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ