ここから本文です

2016年J1 1stステージベストイレブン

フットボールチャンネル 7/2(土) 7:00配信

 フットボールラボでは、チャンスビルディングポイント(以下CBP)を中心としたデータから独自のベストイレブンを選出

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

J1 1stステージベストイレブン

 2ステージ制が復活して、2年目のシーズンを迎えた明治安田J1。今季の1stステージは、川崎Fが悲願のタイトルへ向けてあと一歩まで迫ったが、最後は鹿島が怒とうの6連勝を飾って優勝を果たした。

 7月2日の2ndステージ開幕が迫る中、フットボールラボでは、チャンスビルディングポイント(以下CBP)を中心としたデータから独自のベストイレブンを選出。フォーメーションは「4-4-2」を採用した。前半戦で輝きを放った選手は誰か。後半戦の行方を占う意味でも注目だ。

 なお、対象となる選手は出場時間が所属チームの試合時間の3分の2以上としており、CBPは累積の値となる。

GK

スタメン:キムスンギュ(神戸)

控え:東口順昭(G大阪)

 GKはセーブCBPでトップ、セーブ数で2位のキムスンギュを選んだ。今季から加入した韓国代表は、失点数は多いが、防いだピンチはそれ以上に多い。神懸かり的なプレーで何度もチームの窮地を救ってみせた。

 サブにはセーブCBPが5位、セーブ数で3位の東口を選出。セーブキャッチ率は唯一の70%超えで、安定感のあるセービングを披露。不調の時期もあったチーム状況の中、孤軍奮闘の活躍でゴールを守った。

CB

スタメン:渡部博文(仙台)
スタメン:昌子源(鹿島)

控え:遠藤 航(浦和)

 センターバックは、守備CBPなど守備関連のデータと空中戦に注目して選出。

 まず、守備CBPで2位につける渡部を1人目に選出した。チームの総失点は多いものの、ディフェンスリーダーとして奮闘。長身を生かした空中戦の強さは折り紙つきで、相手の攻撃をはね返すだけでなく、ゴール前のターゲット役としてセットプレーから3ゴールを挙げている。

 コンビを組むのは昌子だ。守備CBP、ボールゲインの数値はリーグ全体で1位、タックル数は表の中の選手内でトップに立つなど、体を張ったディフェンスで鹿島の堅守を支えた。空中戦の勝率は高いとはいえないが、機動力があり、一対一に強いという特性は渡部との相性が抜群だ。

 控えには遠藤をチョイス。新天地ではどのポジションで起用されるのか注目が集まっていたが、第3節以降は3バックの中央に定着。戦術理解度の高さを改めて見せ、浦和の守備を引き締めた。

1/3ページ

最終更新:7/2(土) 7:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。