ここから本文です

【MLB】打率.342のイチロー含め、73年生まれで現役は3人。往年のスター選手の42歳時の成績は?

ベースボールチャンネル 7/2(土) 17:00配信

NPBでは番長

 プレーを見ているととてもMLB野手で最年長とは思えない。

 1973年生まれ、現在42歳のイチロー(マイアミ・マーリンズ)は、ここまで66試合に出場し、打率.342と全盛期並みの数字をマーク中。これまで打率と比較し出塁率が低いと言われてきたイチローだが、今季は12三振に対し、20四球と選球眼も向上し、出塁率は4割の大台を上回っている。

 守備防御点は+4と守備でも貢献しており、規定打席には到達していないものの、全盛期に近い活躍と言っていいだろう。
 イチローと同い年である1973年生まれの現役選手は日米合わせてもイチロー含め3人のみだ。

 その一人がメッツのバートロ・コロン。5月24日に誕生日を迎えているため、既に年齢は43歳を迎えている。

 180cm、129kgのコミカルな体型と独特のキャラクターで愛されているコロン、過去3年間で47勝をあげるなど、こちらもイチローと同じく年齢を感じさせない投球を見せている。

 メッツの誇る若きエース投手達の陰に隠れがちながら、今季も安定した成績を残しており、ここまで16試合に投げ6勝4敗 防御率2.86。また誕生日前の5月8日には、自身初となる本塁打を記録。メジャー初本塁打の最年長記録を更新した。

 2005年にサイヤング賞を獲得するも、その後はケガに見舞われ低迷。30代中盤には終わった選手扱いされることも多かったコロンだが、ここ数年の活躍を見る限り、まだまだ引退の日は遠そうだ。


 日本球界最年長の三浦大輔(横浜)もイチローと同じ1973年生まれ。通算172勝、昨年も6勝をあげている三浦だが、今季はここまで1軍登板なし。2軍でも10試合で防御率5.65と苦戦が続いている。今月前半の9連戦中の登板が濃厚と報じられており、そこでハマの番長健在という姿を見せたいところだ。

ピート・ローズは同じ年齢で121安打

 かつての名選手たちは42歳時にどのような成績を残してきたのだろうか。

ピート・ローズ 151試合 0本塁打 45打点 7盗塁 打率.245 OPS.602(1983年)
MLB安打記録保持者は42歳の年に151試合に出場、121安打を放っている。前年は162試合すべてに出場、オールスターにも選ばれたローズだが、4000安打の重圧もあったのか83年は大きく調子を落としOPS.602は自己ワースト。10年続いていたオールスター出場を逃し、4000安打にもあと10安打届かず終わった。この年の守備位置は主に一塁。

リッキー・ヘンダーソン 123試合 8本塁打 42打点 25盗塁 打率.227 OPS.717 (2001年)
通算1406盗塁,2295得点のメジャー最高のリードオフマン。打率は.227と低迷したものの、四球数(敬遠除く)歴代1位の選球眼を活かし出塁率は.366。25盗塁と自慢の脚も健在だった。

バリー・ボンズ 128試合 28本塁打 66打点 5盗塁 打率.276 OPS1.045 (2007年)
怪物バリー・ボンズの打棒は42歳のこの年も健在。わずか340打数ながら28本のアーチをかけた。8月7日には史上最多756本塁打の金字塔も達成している。このシーズンを最後に引退したが、最後まで投手に勝負を避けられ続け、四球132,出塁率.480はリーグ最多

ジェイミー・モイヤー 32試合 13勝 7敗 防御率4.28 102K/52BB(2005年)
イチロー入団当時のマリナーズのエース。42歳のこの年も老獪なピッチングで、チーム最多の13勝。200イニング突破もチーム内唯一だった。2012年に49歳151日で勝利をあげ、MLB最年長勝利投手に。

野村克也 127試合 16本塁打 58打点 0盗塁 打率.213 OPS.614 (1977年)
南海ホークス(現ソフトバンク)で選手兼任監督としてプレー。主に5番を打ち低打率ながら本塁打、打点は共にチーム3位と貢献。犠飛8本、併殺打24本はそれぞれリーグ最多だった。シーズン終了まで2試合を残して解任。

山本昌 23試合 11勝 7敗 防御率3.16 84K/26BB(2008年)
NPB史上初の50歳での登板を果たした鉄腕。前年は2勝10敗と低迷するも、この年は、チーム最多の11勝をマークするなど復活。3000投球回数、200勝を達成する記録イヤーになった。

(成績・年齢はBaseball Referenceを参照、データは7月1日時点)

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/2(土) 17:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。