ここから本文です

退任のデル・ボスケ、GKカシージャスとの険悪だった関係を告白

フットボールチャンネル 7/2(土) 8:10配信

 EURO3連覇を逃し、早期敗退を余儀なくされたスペイン代表。指揮官のビセンテ・デル・ボスケ監督は退任を発表し、会見の中でGKイケル・カシージャスとの関係が険悪であったことを打ち明けている。1日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 デル・ボスケ氏は「カシージャスはチームメイトとは非常にいい関係だったが、我々首脳陣と非常に難しい関係にあったのは事実だ」と告白し、「彼はプレーしなくてもいいとは決して言わなかった」と述べた。確執の直接の原因は述べていないものの、同紙は、カシージャスがレギュラー落ちを予感した3月あたりから関係に変化があったとしている。

 そして、65歳の前監督は「カシージャスとは9年前から一緒にやってきた。彼を非常に評価している」とコメントし、「こうした一件が、今後の彼のキャリアを狭めたりすることはない」と述べ「将来的に彼との関係が修正できると確信している」と続けた。

 今EUROを戦う上で、GKダビド・デ・ヘアのセックススキャンダルに始まり、FWペドロの造反とも思える発言、そしてDFジェラール・ピケの国歌侮辱騒動など、プレー以外で様々な問題が噴出していた。そして敗退後に明らかにされたこの一件。ピッチの内外でどこかチグハグだった今大会のスペイン代表。あまりに寂しいデル・ボスケ黄金時代のエンディングではないだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/2(土) 8:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)