ここから本文です

魔法少女になり隊、9月にソニー・ミュージックレコーズからメジャーデビュー決定

リアルサウンド 7/2(土) 1:20配信

 魔法少女になり隊が、2016年9月21日にシングル『KI-RA-RI』で<ソニー・ミュージックレコーズ>からメジャーデビューすることを発表した。

 同バンドは、“ラウドでポップでファンタジーなRPG系バンド”として活動。ボーカルの火寺バジルは、「魔女のおにぎりを勝手に食べて、しゃべれなくなる呪いをかけられ」ており、仲間であるgari、ウイ・ビトン、明治と、歌を武器に自身の呪いを解くために冒険している。

 今回の発表は、本日7月1日に原宿Astro Hallで開催された『魔法少女になり隊 ワンマンツアー 2016~わたし、魔法少女になりたい!~』のファイナル公演でメンバーからアナウンスされたもの。11曲の演奏を終えたバンドが一度退場したあと、スクリーンにはバンド結成秘話の映像が映し出され、その後「重大発表 2016年9月21日メジャーデビュー決定」の文字が表れると、観客からの熱い反応を受け、メンバーがステージへ再び登場。gari(VJ)は、「ツアーファイナルという笑顔あふれる場所で、メジャーデビューを発表できて本当に嬉しいです! 遂にですよね!? これからも火寺バジル(Vocal)の呪いをとくために冒険を続けます。メジャーという新たなステージでも、みんなついてきてね~!!」と喜びを爆発させ、続けて「早く呪いをといて、MCをしようね!」とバジルに問いかけると、彼女もバッテン印のマスク姿で嬉しそうに頷いた。

 その後は、メジャーデビュー曲となる「KI-RA-RI」と人気曲「冒険の書1」を披露。大歓声のなか、この日のライブは終了した。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/2(土) 1:20

リアルサウンド