ここから本文です

マンU加入のイブラ「ファンタスティックな監督」とモウリーニョとの優勝請負人コンビ復活に心躍らせる

Football ZONE web 7/2(土) 8:50配信

初のプレミア上陸にも自信みなぎらせる

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチのマンチェスター・ユナイテッド加入決定が正式に発表された。2008-09シーズンのインテル以来となるジョゼ・モウリーニョ監督とのタッグに心を躍らせている。“スペシャル・ワン”の愛称を持つポルトガル人指揮官も「彼は世界最高のストライカー」と絶賛。まさに相思相愛の2人が来季のユナイテッドをけん引することになる。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 これまでオランダ、イタリア、スペイン、フランスの4カ国でタイトルを獲得してきたイブラヒモビッチは、34歳にして初のプレミアリーグ挑戦が決定した。10月には35歳になる希代のカリスマはクラブの公式サイトを通じて、新たな挑戦への意気込みを語った。

「マンチェスター・ユナイテッドに加入できて本当に嬉しいよ。プレミアリーグでのプレーが待ちきれない。ジョゼ・モウリーニョともう一度プレーするのが待ちきれないということは言うまでもない。彼はファンタスティックな監督で、この新しいエキサイティングな挑戦を迎える準備はできている。これまでのキャリアを楽しんできたし、素晴らしい思い出がある。イングランドでさらに特別な思い出を作ろうとしているところだ」

 イブラヒモビッチは2008-09シーズンにインテルでモウリーニョ監督と共闘した間柄だ。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではベスト16で敗退したものの、セリエAとイタリア杯の二冠を達成していた。渡り歩いてきたクラブに数多くのタイトルをもたらしてきた優勝請負人コンビが今度はイングランドの地でタッグを組むことになった。

インテル時代以来の共闘で名門復活へ

 モウリーニョ監督も、頼れるストライカーとの再会に胸を踊らせているはずだ。その実力、実績を含めあらゆる面で賞賛している。

「ズラタンについて紹介は必要ないだろう。彼が残した数字が、彼の全てを物語っている。イブラは世界最高のストライカーの一人で、常に100%を尽くしてくれる。彼は世界のフットボール界で最も重要なリーグチャンピオンのタイトルを獲得してきた。そして彼は世界最高のリーグでプレーする機会を手にした。彼はこの機会をものにするだろうし、タイトル獲得の助けになってくれるはずだ」

 13年にアレックス・ファーガソン元監督が退任して以来、ユナイテッドが獲得したタイトルは今季のFAカップ1つのみ。プレミアリーグでは宿敵マンチェスター・シティやチェルシー、躍進レスターの優勝を後方から眺めることしかできなかった。今季は5位で、来季のCL出場権も逃すなど屈辱のシーズンとなった。

 新たなスタートとなるモウ・ユナイテッドにとって、イブラヒモビッチは大きな鍵をにぎる存在となりそうだ。指揮官は「彼の才能が来季、オールド・トラフォードのファンを喜ばせてくれると確信している。そして彼の経験はチームの若い選手たちの成長の助けるという点で、計り知れない価値があるだろう」と、その存在が若手の成長にまで影響を及ぼすだろうと語った。

 欧州選手権(EURO)での敗退を機に、スウェーデン代表からの引退も発表したイブラヒモビッチ。クラブでの活動に専念するカリスマは、名門復活を期すユナイテッドでどれだけのインパクトを残すことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/2(土) 8:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。