ここから本文です

躍進のウェールズに襲い掛かるカードトラブル 指揮官は「5試合で2枚のイエローカードは少しきつい」

Football ZONE web 7/2(土) 9:30配信

勝利に指揮官は「アメージングだ」と雄叫び

 欧州選手権(EURO)で初出場のウェールズを史上初のベスト4進出に導いたクリス・コールマン監督がMFアーロン・ラムジー(アーセナル)ら主力の出場停止に頭を悩ませている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ウェールズは現地時間1日にEURO準々決勝でベルギーと対戦。前半13分に先制点を奪われるも失点後にペースを握り、同30分に主将DFアシュリー・ウィリアムズ(スウォンジー)、後半10分にFWハル・ロブソン・カヌ(無所属)が得点し、逆転に成功。後半30分にFWサム・ボークス(バーンリー)がダメ押しゴールを決めて、3-1で勝利を収めた。

 試合終了直後のコールマン監督の声を英公共放送「BBC」が伝えている。歴史的快挙に、指揮官も歓喜を雄叫びを上げている。

「アメージングだ。グループステージを突破したことで、相手がベルギーのようなトップチームだろうとチャンスはあると分かっていた。自分たちのゲームをする必要があったが、我々の選手たちは確実にやってのけた。素晴らしいパフォーマンスだった。我々はベルギーを驚かせた」

攻守の核が累積警告で準決勝欠場

 準決勝に駒を進めたが、チームは正念場を迎えている。決勝進出を懸けたポルトガル戦では、FWギャレス・ベイルと並ぶ攻撃の核であるラムジーとDFベン・デイビス(トットナム)の2人がイエローカード2枚の累積による出場停止。ここまで順調な航海を続けていたチームに荒波が押し寄せ、指揮官も頭を抱えている。

「アーロンのことは非常に残念。彼はここまで並外れた活躍を見せている。このトーナメント最高の選手の一人。彼もがっかりしている。だが、我々は何をすべきか分かっている。我々はチームの為に戦う必要があるだろう。彼らはそうして戦ってきた。このレベルでこれだけの試合が行われるのは少しタフだ。5試合で2枚のイエローカードというのは少しきついね」

 コールマン監督は「我々にとってランボー(ラムジーの愛称)とベンの不在は大きい。彼らがいなければここにはいられなかった」と4強進出の立役者となった2人の主力選手離脱を嘆いていた。

 指揮官はイエローカード2枚累積での出場停止を厳しいと見ているようだが、「ルールはルール」と気持ちを切り替えている。躍進のウェールズが今大会で最大の山場を迎えている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/2(土) 9:32

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ