ここから本文です

デルピエロの眼 凋落のイタリア代表がEUROで復権を果たした3つの理由とは

Football ZONE web 7/2(土) 10:51配信

謙虚さ、団結力、リーダー役の求心力

 かつてイタリアで輝きを放ったファンタジスタは、ビッグトーナメントを勝ち抜くためには何よりもチームの団結が必要だと力説している。2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)を、イタリア代表の一員として制したアレッサンドロ・デルピエロ氏が、イタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」のインタビューに応じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 デルピエロ氏はイタリア衛星放送局「スカイ・イタリア」のコメンテーターとして、EUROの解説をしている。先日はスタジオ内でアシスタントの女性とリフティングに興じ、足を滑らせて転びながらも続ける、色褪せぬ“技術”を見せつけたファンタジスタは、準々決勝に進出したアントニオ・コンテ監督率いるイタリア代表の強さと、代表チームに求められるものについて語った。

「代表チームというのは、タレント力ではないんだ。何よりも団結力、粘り強さ、選手の性格面が求められる。そして、大切なことは『自分たちがアウトサイダーだ』と認識することだ。ブラジル代表なら6人から7人のタレントの力ですべてを解決できるかもしれない。だが、イタリアはそうじゃない。とにかく、チームになることが必要なんだ。そして、すべてを決断する監督と、ロッカールームでリーダーになれる選手たちを兼ね備えるチームが、何かを勝ち取ることができる」

 個のタレントではGKブッフォン、DFバルザーリ、キエッリーニ、ボヌッチという鉄壁なユベントスブロックを形成するイタリア代表だが、それ以外のポジションは世界のトップクラスに遠く及ばない。セリエAは欧州のトップリーグからかけ離れてしまったが、自分たちについて戦力下位と認める謙虚さ、コンテ監督がまとめ上げた鉄の団結力、リーダーシップを持った百戦錬磨のベテランという躍進の条件を、今大会のイタリアは手にしているという。38歳のブッフォンやダニエレ・デロッシというリーダーの求心力が、違いを醸し出すという。そして、16強では3連覇を狙う無敵艦隊のスペイン代表を完膚なきままに叩きのめしていた。

1/2ページ

最終更新:7/2(土) 10:51

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。