ここから本文です

EUROで仏代表の8強進出貢献でレアル移籍浮上も… パイェ代理人「ウェストハムから去る姿は…」

Football ZONE web 7/2(土) 12:50配信

契約期間は残り5年

 欧州選手権(EURO)でホスト国フランスの8強進出に貢献し、評価を高めているFWディミトリ・パイェ(ウェストハム)の代理人が、来季の移籍の可能性を否定している。英高級紙「ガーディアン」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 パイェは昨夏にフランスの名門マルセイユから1070万ポンド(約14億5000万円)の移籍金で加入すると、リーグ開幕から12戦連続スタメン出場を果たして5ゴールを決めた。11月に負傷離脱したものの、それまでの活躍を高く評価したウェストハムは今年2月に週給12万5000ポンド(約1700万円)で、2021年6月まで契約を延長していた。

 フランスの英雄ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリードから獲得の興味が報じられるなど、29歳と遅咲きの魔術師は移籍市場での注目株となっている。しかし、パイェの代理人であるジャック=オリビエ・アウグスト氏はクラブと相思相愛の関係にあるとして移籍を否定した。

「ウェストハムと彼の間には素晴らしい契約があり、彼がクラブを去る姿は想像できない。ディミトリはロンドン(ウェストハムの本拠地)での生活が幸せだとも言っているからね」

遅咲きの魔術師は残留か

 残り5年という長期契約のあるパイェを獲得しようとすれば、どれくらいの移籍金が掛かるのか。アウグスト代理人は、その金額がかなりの高額になることを示唆した。

「サッカー界のことをみなさんはご存じないかもしれないが、彼を売りに出すとしたらどれだけの値段がつくのか。その金額はウェストハムだけが知っている」

 EUROでは開幕2試合連続ゴールでホスト国フランスを勢いに乗せた。左右両足から精度の高いキックでチャンスを演出し、強烈なミドルシュートも決められる万能型のタレントは、来季オリンピック・スタジアムに本拠地を移すウェストハムで躍動を続けることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/2(土) 12:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。