ここから本文です

EURO8強で迎える最強守護神決定戦にブッフォンの湛える余裕と自信 「38歳の自分とノイアーを比べるのは…」

Football ZONE web 7/2(土) 14:20配信

イタリア対ドイツ戦は事実上の決勝戦

 世界最高の守護神の称号をほしいままにしてきたイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)が欧州選手権準々決勝で直接対決を迎える“後継者”、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーを称賛している。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

「確かに、私はこの前ノイアーが僕より優れていると発言した。だが、それはその発言によって自分の価値が下がることも、動揺するようなこともないから言えることなんだ。マヌエルと38歳のGKを比べるなんて、彼にとって侮辱だろう。この4、5年、彼はあらゆる点で素晴らしいGKだということを示してきたね。僕は現在の自分自身のことをよく分かっているつもりだ」

 事実上の決勝戦とも呼ばれる名門国の対決を前に、ブッフォンは言葉の端々に充実ぶりを含んでいた。百戦錬磨の守護神は圧倒的な身体能力を誇るノイアーを素直に称えるほどの精神的な余裕と人間的な器の大きさを示していた。

 ブッフォンがパルマ時代に16歳でデビューした当時と現在では、サッカーにおけるGKの役割も大きく変わってきた。シュートストップとハイボールの処理、いわゆるペナルティーエリア内でゴールを守る役割が大部分だった時代から、今やGKもビルドアップに参加する攻撃のスタート地点としての役割を求められるようになった。そして、高く上がった最終ラインの背後をカバーするプレーを求められる役割も増えた。ノイアーは現代的なGKの最高峰にあるという。

 しかし、ブッフォンもまた年齢を重ねながらプレーの幅を広げてきた。ユベントスに現在イタリア代表を率いるアントニオ・コンテ監督が就任時から、よりポゼッション志向が高まった。ブッフォンもそのチームスタイルに適応するために、最後尾からショートパスをつなぐ場面が多くなった。進化を続けてきた38歳だからこそ、現在のノイアーのクオリティーを素直に讃えるのだろう。

主大会でイタリアはドイツにいまだ無敗

 EURO本大会とワールドカップではイタリアはドイツに負けたことがない。12年の前回大会、06年のドイツワールドカップではともに準決勝で勝利を収めた。それでも、ブッフォンはドイツ相手に埋めなければいけない大きな差を認めている。

「06年の時の方が不安な気持ちが大きかったね。なにしろ、アウェーでの対戦だったからだ。4年前も、ドイツが有利だと言われていた。僕らが決勝に進むためには、偉大なことを成し遂げなければいけない状況にあったんだ。今回は、06年よりも12年の時に似ている状況だと感じている。ただし、我々が埋めなければいけない差はもっと大きくなっている」

 14年にブラジルワールドカップを制した世界王者との対戦に、自分たちが挑戦者の立場であることを強調した。ブッフォンは、前回王者スペインを破った決勝トーナメント1回戦では、1点リードの後半終了間際に相手DFジェラール・ピケの放った至近距離からのシュートを弾きだしたセーブでチームを救った。

 38歳になりながらも世界トップレベルの実力を維持する、老いて盛んなブッフォンと、30歳でキャリアのピークを迎えているノイアー。世界最高峰の守護神対決はこのゲームの結果を大きく左右するものになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/2(土) 18:29

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。