ここから本文です

イブラ、マンU加入を喜ぶ「メイウェザー対パッキャオのよう」

フットボールチャンネル 7/2(土) 15:23配信

 マンチェスター・ユナイテッドは1日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとの正式契約を発表した。

 さっそくクラブ公式の『MUTV』でインタビューを受けたイブラヒモビッチは「本当に興奮している。これ以上ないくらい幸せだ。ついに完了したんだ!」とユナイテッド移籍決定を喜んでいる。

 昨季までフランス王者のパリ・サンジェルマンでプレーしチャンピオンズリーグに出場していたが、今季のユナイテッドにはその権利がない。それでもイブラヒモビッチにとって移籍の決断は「簡単」だったという。

「すべてを解決する方が難しかった。メイウェザー対パッキャオの試合のようなものさ。絶対に実現しないと言われていたのに実現した。すべてを可能にしてくれたチームやユナイテッド、モウリーニョに感謝したい」

 自身のユナイテッド移籍をボクシング界のスーパースター同士による対戦になぞらえたイブラヒモビッチは、同時にジョゼ・モウリーニョ監督への感謝を述べた。インテル時代に1年だけともに仕事をした指揮官と再会できることもプレミアリーグ挑戦を決めた理由のひとつのようだ。

「1年間だけだったが、俺たちはともに勝利し、それを楽しんだ。ジョゼと共に素晴らしい時間を過ごして、多くのことを学んだね。指導者としてだけでなく1人の人間としての彼を知ることができた。ポジティブなことしかないよ」

 そして、イブラヒモビッチとモウリーニョは互いを理解し合った理想の関係だという。

「彼は勝者であり、俺も勝者だ。俺たち2人は互いが望むものを知っている。それは勝利さ。俺たちはどこへ行こうと勝つし、ここでも勝つつもりさ」

 30代半ばに差し掛かり、インテル時代のような迫力は薄れつつあるが、スウェーデンからやってきた“巨人”の勝利への意欲は衰えを知らない。これまで所属したあらゆるクラブと同じように、ユナイテッドでも別次元のプレーで人々を驚かせてくれるはずだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/2(土) 15:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。