ここから本文です

相次ぐ卒業・活動一時休止メンバー 2016年上半期ハロプロ重大ニュースを振り返る

リアルサウンド 7/2(土) 13:00配信

 2016年も6ヵ月を過ぎ、一年の折り返し地点に来た。このタイミングで、ハロー!プロジェクトの1月~6月の上半期における重大トピックスを選考し、この半年間に何があったのかを振り返ってみようと思う。

 まずは重要と思われるトピックスを時系列順に10個挙げていく。なお、関連する項目はひとつにまとめた。また、厳密にはハロプロではないアップフロント系グループなども、ハロプロ関連と捉えて選考の対象に含める。

【01】01.25[Juice=Juice]金澤朋子、病気を公表

 昨年2015年6月より、日本武道館単独コンサート実現を目指して全国220公演を敢行するツアー「LIVE MISSION 220」を一歩ずつ確実に消化。今年2月からは初の主演ドラマ『武道館』が放送開始と順調な活動を続けていたJuice=Juiceだったが、そのドラマ開始直前の1月下旬に大きなアクシデントが起きた。メンバーの金澤朋子は昨年後半から体調不良によるライブ欠席が目立っていたのだが、その理由が子宮内膜症という病気のためだと判明したのだ。

 この病気は20代~40代女性の約10%が患っているといわれており、かつて同じハロプロの松浦亜弥も羅患していた。治療法にはいくつか種類があるが、金澤は治療薬を服用しつつ、体調を鑑みながらアイドル活動を続けていくことを選択した。

 現在では症状が落ち着いたのか、ライブ欠場もなく元気に活動を続けている。ファンとメンバー双方とも、健康の大切さを痛感させられた出来事だったのではないだろうか。

【02】02.06[Juice=Juice]主演ドラマ『武道館』放送開始

 昨年10月の制作発表から年をまたぎ、いよいよ放送開始となったのが2月初頭。直木賞作家・朝井リョウ執筆による、現代アイドルの諸問題をテーマとした小説を現役アイドルであるJuice=Juiceの5人が演じるという話題作。

 全8回のうち、メンバーの水着姿が披露されたり、同事務所の真野恵里菜、矢口真里、辻希美、元ももいろクローバーの早見あかり、MAXのNANAといったゲスト出演など様々なトピックがあったが、ドラマの大きな見せ場となったのは、主役格の日高愛子を演じた宮本佳林のラブシーンだろう。

 主題歌は、Juice=Juiceが演じた劇中グループ・NEXT YOUによる「Next is you!」。このドラマ出演によってメンバーの演技スキルおよびグループの知名度がアップしたのは間違いなく、Juice=Juiceのさらなる成長を促した得難い経験となったことだろう。そしてドラマ終了後の5月、Juice=Juiceの220公演達成に目処が付いたということで、11月7日の日本武道館ライブ開催が正式に決定した。なお、11月8日には同じアップフロント所属のアイドルであるアップアップガールズ(仮)の、こちらも初の武道館単独公演が行われることが決まっている。

【03】02.24[こぶしファクトリー]2ndシングルがオリコン週間1位

 昨年末の日本レコード大賞では最優秀新人賞を見事受賞したこぶしファクトリー。メジャー2ndシングルとしてリリースされた「桜ナイトフィーバー / チョット愚直に! 猪突猛進 / 押忍! こぶし魂」は、オリコン週間チャートで第1位を獲得。これは現在のハロプロ内グループにおいては、1位常連のモーニング娘。をのぞくと、昨年4月のJuice=Juice「Wonderful World / ca va ? ca va ? (サヴァサヴァ)」に続く快挙である。

 トリプルA面の3曲は、KANが作詞作曲でダンス☆マンが編曲を担当したディスコ風の桜ソング「桜ナイトフィーバー」、ヒャダインこと前山田健一の作詞作曲による「チョット愚直に! 猪突猛進」、アップフロント所属の若手作家である星部ショウが作詞作曲の「押忍! こぶし魂」と、それぞれカラーが異なる話題曲であった。

・【04】04.28[カントリー・ガールズ]稲場愛香、喘息のため活動一時休止

 そのダンススキルはハロプロ内でも一二を争うほどの高さで、アイドルとしての可愛らしさ/あざとさはJuice=Juiceの宮崎由加にも負けないほど(今年3月開催の『ひなフェス』でのあざかわ対決は記憶に新しい)という特徴を持つメンバー、まなかんこと稲場愛香。北海道出身の彼女の幼い頃からの持病である喘息(ぜんそく)の症状が上京してから重くなり、療養のためにカントリー・ガールズとしての活動を一時休止することがこの日に発表された。

 卒業ではなく、活動再開が前提の休止だが、その時期は現在未定である。2014年のグループ結成時には6人組だったカンガルは、2015年6月の島村嬉唄脱退、同年11月の船木結・梁川奈々美加入で7人組となったが、現在は6人での活動という形になってしまった。早期の復帰がファン全員の願いだろう。

【05】05.05[ハロプロ研修生]「春の公開実力診断テスト」笠原桃奈と清野桃々姫が受賞

 毎年5月恒例となった、ハロプロ研修生たちによる公開実力診断テスト。4年目となる今回、観客投票によって決定されるベストパフォーマンス賞は、まったくの同票で2名同時受賞となった。

 その2人とは、研修生24期の笠原桃奈(12歳)と、25期の清野桃々姫(11歳)。自分で選び当日歌ったハロプロ楽曲は、それぞれ「愛しく苦しいこの夜に」(モーニング娘。)、「冷たい風と片思い」(モーニング娘。'15)。どちらもシリアスな曲調のナンバーだが、見事に歌いきったのが受賞のポイントだろう。

 特に清野は、今年10月開催予定のアンジュルム主演舞台『ファッションマガジン(仮)』への出演も決定しており、今後注目のメンバーである。

【06】05.18[つばきファクトリー]初のミニアルバム発売

 現ハロプロで最も後発に結成された末っ子グループ、つばきファクトリー。2枚のシングルに続き、4曲入りミニアルバム『つばきファクトリー SOUND+VISION Vol.1』が5月に発売された。しかしいずれもインディーズでのリリースで、まだメジャーデビューには至っていない。昨年10月の『サンクユーベリーベリー』、今年3月の『気絶するほど愛してる!』、6月の『続・11人いる! 東の地平・西の永遠』といった演劇仕事は続いているが、ワンマンライブなどはまだ開催されていないのが現状だ。

 ハロプロのグループは、いくつか例外はあるが、結成後に数枚のインディーズシングルをリリースする期間を経てからメジャーデビュー(UP-FRONT WORKSではなくzetima等のレーベルから発売)というパターンが多い。過去の主なグループの、結成~メジャーデビューまでの日数を算出すると以下のようになる。

■モーニング娘。:136日(4ヵ月14日)※1997.09.14-1998.01.28
■カントリー・ガールズ:140日(4ヵ月20日)※2014.11.05-2015.03.25
■Juice=Juice:220日(7ヵ月8日)※2013.02.03-2013.09.11
■こぶしファクトリー:243日(8ヵ月)2015.01.02-2015.09.02
■アンジュルム(当時はスマイレージ):417日(1年1ヵ月22日)※2009.04.04-2010.05.26
■℃-ute:620日(1年8ヵ月10日)※2005.06.11-2007.02.21

 ではつばきファクトリーの場合はどうかというと、7月2日現在では以下の数値になる。

■つばきファクトリー:430日(1年2ヵ月3日)2015.04.29-2016.07.02

 あと半年経てば、℃-uteの下積み期間を超えてしまうという計算になる。年内にメジャーデビューできるかどうかが、ひとつのハードルといえるかもしれない。

【07】05.30[アンジュルム]田村芽実卒業

 昨年11月の福田花音卒業の余韻が冷めやらぬ中、田村芽実の卒業が発表されたのは12月だった。卒業コンサートは5月30日の日本武道館。ミュージカル女優を目指すという彼女の、アイドルとしての最後の晴れ舞台となった。

 福田、田村といった歌唱力の高いメンバーが相次いで抜けたアンジュルムだが、残されたメンバーは着実に成長しており、そこまで不安は感じさせない。特に4期メンバーとして1人で入ってきた上國料萌衣は、まだ加入数ヵ月にもかかわらず、先輩メンバーと遜色のないパフォーマンスを見せている。また、リーダーの和田彩花は「プラチナ期と呼ばれていた頃のモーニング娘。を目指している」「ハロプロの他のグループには負けてられない」といった趣旨の発言が最近目立ち、気迫も十分だ。

【08】05.31[モーニング娘。'16]鈴木香音卒業

 娘。もアンジュルムと似たケースだが、昨年12月に鞘師里保が卒業、さらに鈴木香音の卒業が発表されたのが今年2月だった。卒業コンサートは5月31日の日本武道館で、アンジュルムと2日連続の武道館。卒業コンサートが2日連続で開催されるのは、ハロプロ18年の歴史の中でも初めての出来事となった。

 鈴木香音のグループ在籍時最後のシングルとなったトリプルA面3曲のうちの1曲「泡沫サタデーナイト!」は、赤い公園の津野米咲が作詞作曲したディスコチューンで、その明快なポップさがファンの支持を集めている。また、MVで使用されている金色の歌詞フォントを、ファンが別の画像にコラージュしてSNSに投稿するという、「泡沫コラ」と呼ばれる文化が流行したのも特筆すべき事項だろう。

 鞘師、鈴木が抜けた後のモーニング娘。はどうなっていくのか。5.31武道館と同日、先立って行われていた「モーニング娘。'16『新世紀』オーディション」が該当者なしで再募集することが発表された。13期メンバーの選出にはかなり慎重になっている様子がうかがえる。

【09】06.11[℃-ute]萩原舞、デート報道を釈明

 2005年6月11日は℃-uteのグループ結成日で、11周年を迎えたこの日はファンクラブ会員限定イベントが行われた。その終盤、メンバーの萩原舞から、有料サイト「週刊文春デジタル」での報道について釈明が行われた。

 今年4月1日に件のサイトに掲載されたのは、萩原が男性と二人で夜の街を歩き、マンションの入口へ入っていくところを撮った写真。「週刊文春」本誌には掲載されず、このサイトのみでの公開だった。写真が撮影されたのは昨年12月末とのこと。

 イベントでの萩原からの説明では、写真に写っている男性は友人で、駅で偶然に会い、話が弾み、男性の自宅へ行ったとのこと。友人ではあるが、自分の立場からすればファンを裏切る行動であり、℃-uteからの脱退も考えたが、メンバーとも話し合った結果、これからも活動を続けさせてほしいと話した。イベント後には同内容が本人のブログにアップされた。

 アイドルにはつきもののスキャンダル報道だが、今回の場合はその事実を認め、謝罪した上で、今後も活動を続けるという形となった。

【10】06.22[℃-ute]岡井千聖、声帯結節のため活動一時休止

 前項の萩原舞の釈明があった6月11日の数日前の5月28日、埼玉・サンシティ越谷市民ホール大ホールで行われた℃-uteのコンサートにて、メンバーの岡井千聖からある発表があった。

 その内容は、以前から声のかすれがあったので病院で診てもらったら「声帯結節」と診断されたので、手術と治療のため、6月22日に行われる本人のファンクラブ会員限定イベント(誕生日記念イベント)を終えた後、しばらく活動を休止する、というものだった。復帰を前提とした一時休止なので、カントリー・ガールズの稲場愛香と同じケースということになる。近年はバラエティ番組への出演も増えていた岡井にとって、ここで活動にブレーキがかかるのは歯がゆい思いだろう。

 萩原と岡井の発表を経て、6月20日に行われたのは春ツアー「℃ONCERTO」の千秋楽となる日本武道館公演。岡井の活動休止前の大舞台ということもあり、当日のライブは大いに盛り上がった。また、この日には毎年恒例の「℃-uteの日」についての発表もあり、今年は特別に2DAYSで、9月5日には日本武道館、9月10日にはグランドプリンスホテル新高輪 飛天にて行うとのこと。今後も℃-uteの活動は続いていく。



 以上、2016年上半期のハロプロ重要トピックスを10個選出した。再度見出しのみを並べると以下のようになる。

【01】01.25[Juice=Juice]金澤朋子、病気を公表
【02】02.06[Juice=Juice]主演ドラマ『武道館』放送開始
【03】02.24[こぶしファクトリー]2ndシングルがオリコン週間1位
【04】04.28[カントリー・ガールズ]稲場愛香、喘息のため活動一時休止
【05】05.05[ハロプロ研修生]「春の公開実力診断テスト」笠原桃奈と清野桃々姫が受賞
【06】05.18[つばきファクトリー]初のミニアルバム発売
【07】05.30[アンジュルム]田村芽実卒業
【08】05.31[モーニング娘。'16]鈴木香音卒業
【09】06.11[℃-ute]萩原舞、デート報道を釈明
【10】06.22[℃-ute]岡井千聖、声帯結節のため活動一時休止

 大まかに言えば、ほとんどネガティヴな話題が無いこぶしファクトリー、初の武道館公演が決定したJuice=Juice、ベストパフォーマンス賞を受賞した研修生2人あたりが「明」、卒業メンバーや活動休止メンバーが出たその他のグループが「暗」、と分けることができそうなのが2016年上半期の動向だった。とはいえ、メンバーチェンジはグループの流れが変わる機会でもある。良い流れに乗ることができるかどうかが下半期のポイントだろう。

 それでは最後に、次点の項目をグループ別に列挙して本稿を終える。

・05.21[℃-ute]香港、台北で海外コンサート(~05.22)
・02.27[モーニング娘。'16]ヒューストンで海外コンサート
・05.27[モーニング娘。'16]小田さくら、1st写真集『さくら模様』発売
・05.31[モーニング娘。'16]ラジオ『牧野真莉愛のまりあんLOVEりんですっ』開始
・06.11[モーニング娘。'16/つばきファクトリー]舞台『続・11人いる! 東の地平・西の永遠』上演(~06.26)
・06.18[モーニング娘。'16]ドラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』に出演
・02.01[アンジュルム]佐々木莉佳子、雑誌『セブンティーン』専属モデルに就任
・02.11[アンジュルム]室田瑞希、NHK『オトナヘノベル』主人公アンナ役で出演
・02.04[Juice=Juice]植村あかり、雑誌『週刊ヤングジャンプ』表紙に登場
・03.25[カントリー・ガールズ/つばきファクトリー]舞台『気絶するほど愛してる!』上演(~04.03)
・06.04[こぶしファクトリー]浜浦彩乃、1st写真集『浜浦彩乃』オデッセー出版より限定発売
・01.15[ハロプロ研修生]野口胡桃・小野琴己・児玉咲子・米村姫良々・清野桃々姫が加入
・03.24[ハロプロ研修生]竹村未羽、研修活動終了
・04.01[夏焼雅]新グループのメンバー2名決定
・02.16[モーニング娘。OG]安倍なつみ、第1子の妊娠を発表
・03.14[モーニング娘。OG]吉澤ひとみ、第1子男児の妊娠を発表
・06.13[モーニング娘。OG]新垣里沙、俳優の小谷嘉一と7月に結婚予定であることを発表
・02.16[ハロプロOG]里田まい、第1子男児を出産
・01.26[ハロプロOG]メロン記念日の柴田あゆみ、ロッテ南昌輝投手と結婚
・01.14[ハロプロOG]Berryz工房の熊井友理奈、桂由美の新作ドレス発表会のモデルを務める
・05.27[ハロプロOG]真野恵里菜、NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』出演
・01.22[その他]ハロー!プロジェクト オフィシャルショップ大阪店、心斎橋から恵美須町に移転
・01.27[その他]YouTube番組『ハロ!ステ』がリニューアル
・01.28[その他]YouTube番組『GREEN ROOM』が『Girls Night Out』にリニューアル
・01.29[その他]YouTube番組『MUSIC+』が『アプカミ』にリニューアル
・02.05[その他]西口猛、株式会社アップフロントプロモーション代表取締役に就任
・04.01[その他]U-NEXTでハロプロ動画配信サービス開始

ピロスエ

最終更新:7/4(月) 12:14

リアルサウンド