ここから本文です

LGが提案する「VRを用いた仮想旅行」 世界環境デーに動画を公開

Forbes JAPAN 7/2(土) 8:00配信

テック界の動向にあまり明るくない人にも、VR(仮想現実)がデジタルメディアの未来を担うものであるという評判は届いているのではないだろうか。VRヘッドセットがスマホやPCのように日常に溶け込む日はまだ先であり、VRが過大評価されている感はあるが、VRを推進しようとしている企業は正しい方向に向かっている。VRを一般に浸透させるには面白いゲームやソフトウェアも必要だが、重要なのはユーザーが自ら生み出すコンテンツなのかもしれない。



そこで韓国のLGが今年に入って発表したのが、フラッグシップのスマホG5と共に使うための360度カメラだ。没入感の高い360度動画を簡単に撮影できると、ユーザーの間で好評だ。

LGはこのカメラをプロモートするため、6月5日の「世界環境デー」に合わせて世界的な史跡を撮影した動画を発表した。同社の従業員が撮影したという2分間の動画には、エッフェル塔や万里の長城、シドニーのオペラハウス、韓国の昌徳宮などが登場し、360度動画の可能性を垣間見ることができる。

ほとんどの360度カメラは依然として画質が荒いが、技術が進歩して解像度が上がれば、これほど楽しいデバイスはないだろう。例えばこの360度カメラを結婚式で使えば、新郎新婦のキスシーンと同時に参列者の表情も撮影できる。土曜日の夜のタイムズスクウェアを撮影するのも面白いだろう。

「世界環境デー」は、地球環境の保全に対する意識を高め行動を促すために国連が1972年に制定したもので、1974年からキャンペーンを行っている。今年のテーマとしては「私たちの地球、私たちの未来、救うのは今!」というメッセージが掲げられている。

Ben Sin

最終更新:7/2(土) 8:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。