ここから本文です

【J1採点&寸評】鹿島 1-3 G大阪|ステージ王者を翻弄したG大阪の背番号7がMOM

SOCCER DIGEST Web 7/2(土) 15:08配信

鹿島――久々の出場となった中村は本領を発揮できず。

[J1第2ステージ1節]鹿島 1-3 G大阪/7月2日/カシマ
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 5
赤﨑のゴールで幸先良く先制も、一瞬の隙を突かれて同点とされる。前半と同様、後半も試合の入り方が悪く、リズムを掴めないまま、セットプレーから逆転を許す。その後は猛攻を仕掛けるも、奏功しなかった。
 
【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 5.5
ハイボールの対応や素早いフィードは問題なかったが、懸命なセービングも実らず痛恨の3失点。85分の遠藤の際どいFKはストップしたが……。
 
DF
22 西 大伍 5
数的不利の状況でマークが曖昧になり、目の前で大森に同点ゴールを許す。全体的にいつもの厳しさが足りず、守備面は低調な出来に終わった。
 
23 植田直通 5.5
自分がマークしていた選手にやられたわけではないものの、セットプレーからの失点を防げなかった。得意のフィードはこの日は少なかった。
 
3 昌子 源 5.5
フィジカルの強さを武器に、アデミウソンやパトリックを相手に1対1では簡単に負けず。いくつものピンチを潰した点は評価したいが、3失点目は「自分のミス」。
 
16 山本脩斗 5.5
阿部の股を抜くドリブル突破から、丁寧なクロスを通して赤﨑のゴールをアシスト。ただ、持ち前の空中戦の強さは、セットプレーの守備時では発揮できなかった。
 
MF
10 柴崎 岳 5.5
盛んにボールを要求し、組み立てに奮闘。ただ味方を走らせるパスがラインを割るなど、周囲と息が合わない場面も。永木投入後は、2列目でプレーした。
 
40 小笠原満男 5.5
鋭い出足を見せ、高い位置でのボール奪取が光った。しかし、その積極性がアダとなり、中盤に不用意にスペースを空けてしまったのは課題。
 
25 遠藤 康 5.5
ゴール前右45度から多彩なアプローチ。アウトサイドにかけた左足のパスは秀逸だった。もっとも、高い技術も決定的な仕事にはつながらなかった。
 
13 中村充孝 5
5月の新潟戦以来の出場。序盤はまずまずのプレーも、時間の経過とともに存在感が希薄に。連動性の乏しさも致し方なしか。

1/3ページ

最終更新:7/2(土) 22:51

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。