ここから本文です

【現地発】拙攻拙守、足を引っ張る監督……自滅した“タレント集団”ベルギー

SOCCER DIGEST Web 7/2(土) 11:29配信

7割方スタンドを埋めたサポーターの存在も、重圧に変わった。

 FIFAランキング2位、優勝候補の一角にも挙げられるベルギーが、初出場のウェールズに屈した。
 
 先制しながら、1-3の逆転負け。ウェールズは代表チーム史上最高のゲームをやってのけたが、ベルギーとしては自滅に近い。
 
 ベルギーはアフリカ勢に似ていて、勢いに乗ると手がつけられない強さを見せるが、受けに回ると脆い。そのネガティブな一面が出た。
 
 31分のCKからの同点弾は、ウェールズに完全にマークを外され、フリーのA・ウィリアムズに決められた。
 
 55分の2点目は、エリア内でボールを受けたロブソン=カヌーに一度のフェイクでマークを完全に外された。
 
 86分の3点目は、アルデルワイレルドがヴォークスの動きについていけず、目の前でヘディングを許した。
 
 これだけ敵をフリーにしたら、3失点も致し方ない。
 
 序盤は押し込んだものの、追いつかれてからは攻撃もリズムを失った。
 
 痛かったのは、監督がチームを助けるどころか、足を引っ張ってしまったことだ。
 
 後半早々、ヴィルモッツ監督は右サイドのドリブラー、カラスコを下げ、中盤の底にフェライニを投入する。これで攻撃陣のバランスが崩れた。
 
 左サイドのアザールが闇雲にドリブルを仕掛けるようになり、中盤のポジションが混乱。デ・ブルイネは仕事場を探して、右へ左へとさまよっていた。
 
 一度崩したバランスは元には戻らず、ベルギーは力攻めを繰り返してはウェールズに押し返される羽目に。時間の経過とともに焦りが募り、ミスがミスを呼ぶ悪循環に陥った。
 
 ちなみに、この一戦が行なわれたリールはベルギー国境に程近く、スタンドは7割方ベルギーサポーターで埋め尽くされた。
 
 試合前は、これがベルギー有利に働くと思われたが、逆効果だった。勝利を信じるサポーターの大声援が、チームの重圧となったからだ。
 
 逆境のなかで、あっさりと崩れたベルギー。タレント軍団はひとつのチームになることなく、EUROから姿を消した。
 
現地取材・文:熊崎 敬

最終更新:7/2(土) 11:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。