ここから本文です

ウェールズに敗戦のアザール「チームの全員が失望している」

SOCCER DIGEST Web 7/2(土) 10:40配信

悔しさを滲ませた主将アザール。

 7月1日に行なわれたEURO2016準々決勝でベルギーはウェールズに1-3で敗れた。
 
 ベルギーは13分に、ナインゴランが先制ゴールを挙げたが、前半のうちに同点とされ、後半に2点を奪われて、逆転負け。優勝も期待された大会から姿を消すことになった。
 
 キャプテンとしてチームを牽引してきたアザール、逆転負けに悔しさを滲ませた。以下は彼のコメントである。
 
――◇―――◇――
 
全員が失望しているよ。僕らは求めていたものに手が届きそうなぐらいによくやっていた。とくに立ち上がりの20分は本当に最高だった。
 
そこから徐々に後ろ向きになってしまって、このレベルではあってはならないミスを犯して痛い目をみることになってしまった。
 
僕らは全てのことを下向きに考えてはいられない。素晴らしい世代であることは間違いないし、2年後のワールドカップに向けて動いていかないといけないんだ。
 
だた、今大会で何かをやってのけたかったのは確かだよ。だから、今はチームの誰もが失望しているんだ。
 

【EURO2016】出場24か国の“美しすぎる”サポーターたち

最終更新:7/2(土) 10:45

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。