ここから本文です

柴崎が技あり2発。広島が連覇へ第2S好発進! アーセナル移籍が噂される浅野は3点目に絡む

SOCCER DIGEST Web 7/2(土) 21:12配信

アウトにかけたハーフボレーと、股抜きシュートを冷静に沈める。

[J1・第2ステージ開幕戦]広島 3-0 磐田 7月2日/Eスタ

 昨季王者の広島が、連覇へ向けて第2ステージを白星で飾った。勝利の立役者となったのは、柴崎晃誠だ。

【PHOTO】広島が第2ステージ好発進! 柴崎が技あり2発



 1点目は19分、ピーター・ウタカの落としからハーフボレーをゴール右に叩き込んだ。ややアウトにかけて右足を振り抜くミートが難しいシュートだったが、スピンのかかった弾道が一直線にゴールネットに突き刺さった。

 さらに32分、やはりP・ウタカのスルーパスに反応した柴崎は、GKと1対1の場面を迎えると、利き足とは逆の左足に持ち替えて、GKの股を抜く技ありシュート。これがゴールネットを揺らし、広島が2点をリードする。

「アウェーではなにもさせてもらえなかった相手。ホームでは絶対に勝ちたかった」という柴崎。21歳の浅野拓磨にアーセナル移籍の噂が浮上し、中堅どころの塩谷司がオーバーエイジとして、浅野とともに五輪出場が決定。若手・中堅の話題が上がるなかで、この日は8月で32歳を迎えるベテランが輝きを放った。

 一方、移籍報道でさらに注目が集まる浅野は65分に佐藤からのパスに抜け出し、決定的なシュートを放ったものの、これは相手GK志村の好セーブに遭い、ゴールならず。しかし、そのこぼれ球を拾ったP・ウタカの3点目につながった。浅野は幾度かのシュートチャンスがあったものの決め切れず、この日はノーゴールに終わっている。

 移籍に関しては近日中になんらかの進展があるとされる浅野。広島のユニホームを着てのプレーはあと何回見られるだろうか。
 

最終更新:7/2(土) 22:57

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。