ここから本文です

「しんちゃん」×「シン・ゴジラ」信じられないコラボ!

Smartザテレビジョン 7/3(日) 5:00配信

放送25周年を迎える人気アニメ「クレヨンしんちゃん」(毎週金曜夜7:30-7:54テレビ朝日系)が、7月22日(金)の放送で、7月29日(金)公開のゴジラ映画最新作「シン・ゴジラ」と夢のコラボレーションすることが分かった。ゴジラシリーズ史上初めて、“カスカベ”にゴジラが襲来する。

【写真を見る】「クレヨンしんちゃん」に登場する本格的なゴジラのキャラ画とは!?

「ゴジラ」は、アメリカではアニメ化されているものの、日本のテレビアニメに登場するのはこれが初めて。この夢のタッグは、ゴジラの新作映画のタイトルが「“シン”・ゴジラ」だと知った「クレヨンしんちゃん」スタッフが、勝手に“縁”を感じてオファーし、実現したもの。

コラボに当たって、「クレヨンしんちゃん」テレビシリーズを番組スタート時から支える脚本家・中弘子氏や、ゴジラシリーズのファンだったというムトウユージ監督をはじめ「クレヨンしんちゃん」のスタッフは、「シン・ゴジラ」を徹底研究。

「シン・ゴジラ」の特徴ともいえる長い尻尾の動き、不ぞろいな歯、赤黒い皮膚など、庵野秀明総監督のオリジナル設定を忠実に再現した。

また、ゴジラのほえる声は、「ゴジラ」サイドに許可をもらい、本物のゴジラの音源を使用。そんな徹底したこだわりで、ゴジラファンもワクワクさせるようなコラボアニメを目指したんだそう。

ゴジラ史上最もリアルな攻防戦を描いているという、最新作「シン・ゴジラ」。本編では自衛隊が総力を挙げてゴジラに対抗する場面が描かれるが、「クレヨンしんちゃん」ではしんのすけが通う“ふたば幼稚園”が、“カスカベ防衛隊ふたば基地”になるという特撮ファンにはたまらない展開が盛り込まれ、「シン・ゴジラ」とは世界観が全く異なるものの、迫真の闘いがカスカベでも繰り広げられていく。

果たして、しんのすけたちはどのようにゴジラに立ち向かうのか。ギャグ満載の「クレヨンしんちゃん」ワールドと「シン・ゴジラ」の不思議な融合は、信じられないシナジー効果を生みそうだ。

さらに、シン・ゴジラが東京・六本木にも“襲来”することが決定。今回のコラボを記念して、テレビ朝日が六本木ヒルズと連動して開催する夏の大型イベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」に、「クレヨンしんちゃん」と映画「シン・ゴジラ」がスペシャルコラボした撮影スポットが出現する。

撮影スポットは7月16日(土)から8月28日(日)まで「しんシンコラボ!しんちゃん×シン・ゴジラ上陸」と題し、TOHOシネマズ六本木の階段下に現れる。しんのすけと愛犬シロ、そして迫力満点のゴジラの巨大フィギュアが、ファンの来場を待ち構える。夏休みの思い出に、しんのすけ×ゴジラと一緒に記念写真を撮るのも、オツですなあ。

映画「シン・ゴジラ」の監督・特技監督を務める樋口真嗣氏は「『クレヨンしんちゃん』で『ゴジラ』といえば、映画『クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦』('97年)で登場した、怪ロボット撃退に出動する自衛隊にかかる“伊福部マーチ”(※'65年公開のゴジラシリーズ第6作『怪獣大戦争』などで使用された、故・伊福部昭氏作曲の楽曲)でしょう。

やられた!とへそをかみ、地団駄を踏んだのが昨日のように懐かしいです。それ以降もしんちゃんと特撮的イメージはつかず離れず寄り添うように共に歩んできたような気がします。それが今回、ついに!特撮愛あふれるムトウユージ監督の手によって、普段だったら絶対許されない共演、お祭りです! いち視聴者として、本当に楽しみです。録画予約せずにテレビの前で膝を揃えて待機します。みんなもテレビの前に集合だ!」と熱い思いを吐露した。

一方、ムトウ監督は「'05年にしんちゃんの映画『3分ポッキリ大進撃』を監督する時に、自分の好きな特撮のオマージュを入れて作らせていただきました。中でも『ゴジラ』は最高にリスペクトしております。その『ゴジラ』とコラボするなんて夢のようです。

しんちゃんならではの『シン・ゴジラ』コラボ、ゴジラ勝つか? しんちゃんが勝つか? カスカベを揺るがす驚がくの奇跡の二大ヒーローの戦いをぜひ“みれば~!”」とアピールした。

最終更新:7/3(日) 16:33

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。