ここから本文です

家事の達人に教わる!「予防家事」キッチン編2

東京ウォーカー 7/3(日) 7:01配信

キッチンで菌が繁殖しやすいスポットなのに、見落としがちなのが調理台とシンク。「菌も汚れ同様、ついてから落とすのではなく、つけない工夫が大事です!」と本間朝子さん。

【写真を見る】台布巾が常にぬれている状態だと菌が繁殖しやすい。乾きの速い素材を使って

1.熱湯消毒の湯はすぐに流さない/スポンジや調理器具などを清潔に保つため、熱湯消毒は有効ですが、熱湯をそのままシンクに流すのはNG。「排水パイプの耐熱温度は一般的に60℃程度なので、劣化の原因に。捨てるときはある程度冷ましてからか、水と一緒に流して」。

2.台布巾は乾きの速い素材を使用/台布巾が常にぬれた状態だと菌が繁殖しやすくなり、それで台を拭くことでかえって菌を広げてしまうことも。「スポンジワイプや生地の薄い化学繊維のダスター、落ちワタ布巾など、乾きの速いものを使うのがおすすめです」。

3.肉や魚はトレイの上で下ごしらえ/肉や魚は、買ったときに入っているトレイの上で下ごしらえすれば、まな板に菌を広げにくくなり、洗う手間も省ける。「トングとキッチンばさみを使えば、手を汚さずにすみますよ」。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/3(日) 7:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。