ここから本文です

Googleに学ぶ「問題解決」に関する4つのこと

ライフハッカー[日本版] 7/3(日) 12:10配信

Googleは、「会社とはこうあるべき」とか「企業文化とはこうあるべき」という模範としてしばしば取り上げられます。多くの会社が、社員の仕事への取組みを促進させ、会社に来たくなるような楽しい職場環境を作るために良いアイデアを求めて、この巨大な企業に注目しています。

Googleは「会社で問題解決するときのアプローチ」というさらに重要性の高いテーマにおいても模範例になります。

デジタル戦略とイノベーションの専門家であるGreg Satell氏はこの問題解決カルチャーの具体例をHarvard Business Review誌の記事として紹介しています。2002年に、Googleの共同創業者であるラリー・ペイジ氏は会社のキッチンに入るやいなや、Google AdWordsエンジンから出た検索結果のページのプリントアウトした紙の束を吊るして、その一番上のページに「こんな広告は最悪!」と書いたのでした。

「たいていの会社では、これは傲慢な役員が人前で不運な社員を辱めているかわいそうなシーンとして受け止められるでしょう。でもGoogle社では違います」とSatell氏は書いています。「現に、彼の並はずれた振る舞いは才能あるエンジニア達が必ず難問を解決してくれるはずだという信頼の表れだったのです」

Page氏の戦術は上手く行き、数日のうちにGoogle社のエンジニア達はAdWordsを改良して、広告エンジンを余白のリーダーたる地位へと駆り立てたのです。Satell氏によれば、ここでの鍵はペイジ氏が問題の背景にいる社員でなく問題自体に注目したことです。このやり方に効果がある理由は次の4つです。


■ 1. 人は良い仕事をしたがっているものである

わざわざヘマをしたい社員はいませんから、間違いを犯したからといって社員を怒鳴りつけても何の解決にもなりません。ペイジ氏は広告チームのところに行って怒鳴る代わりに、問題があることを示すだけでした。社員たちが人間的である以上は、その問題を解決するモチベーションを持ってくれることを理解していました。


■ 2. 十分な数の目玉があれば、全てのバグは見つかる

キッチンにプリントアウトした紙を吊るすことで、ペイジ氏は、特定の1つのチームだけでなく会社全体がその問題に取り組むようにしたのです。もしかしたら広告チームに所属していない人に素晴らしいアイデアがあるかもしれません。三人寄れば文殊の知恵です。


■ 3. 人は自分が興味のある仕事をするとき最高のパフォーマンスを発揮する

ペイジ氏は特定の社員にその問題を持っていくこともできましたが、そうする代わりに、解決に興味がある人なら誰にでもオープンにしました。特定のことに情熱がある人はそれに飛びついて、より良い結果を導き出す可能性が高いということです。


■ 4. 良いリーダーは使命感と目的意識を与える

社員にスキルと才能があることも大事ですが、社員にモチベーションを与えられるリーダーがいなければ結果は出ません。社員に影響を与えて生産性や効率を高めるのは職場のカルチャーを作ることにかかっています。「ペイジ氏があのメモをGoogleの台所に貼ったとき、彼はGoogleのカルチャーなら大丈夫とわかっていたのです」とSatell氏は書いています。「するべきことを事細かく言う必要はありませんでした。使命感と目的意識のある会社をそのとき既に作り上げていたからです」

4 Things You Can Learn From Google's Culture of Problem Solving|Inc.com
Rebecca Borison(原文/訳:春野ユリ)
Photo by turtix / Shutterstock.com.

最終更新:7/3(日) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

なぜ今? 首相主導の働き方改革