ここから本文です

ツール・ド・フランス第1ステージは集団スプリントをカヴェンディッシュが制し、マイヨ・ジョーヌを初獲得!

CYCLE SPORTS.jp 7/3(日) 5:57配信

コンタドールが落車で負傷

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)が、7月2日にフランス北西部のマンシュ県で開幕した。

初日は世界遺産のモン・サン・ミシェルから、ユタ・ビーチ(サント・マリー・デュ・モン)までの188kmでフラットな第1ステージが競われ、英国のマーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ)が集団ゴールスプリントを制し、31歳でついに念願のマイヨ・ジョーヌを獲得した。

これでカヴェンディッシュのツール区間通算優勝は27回になった。彼は2008年に初めてツールで区間優勝したが、マイヨ・ジョーヌを獲得するまでにはこんなにも長い歳月が必要だった。彼はジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャでも総合リーダージャージを着たことがあり、これで3大ツアーすべてで総合リーダージャージを着た史上19人目の選手になった。

第1ステージでは107km地点の中央分離帯で優勝候補の1人であるスペインのアルベルト・コンタドール(ティンコフ)が落車した。彼はすぐ集団に復帰し、86位でゴールしたが、右肩、右ヒジなどを負傷してしまった。

念願のマイヨ・ジョーヌにソデを通したカヴェンディッシュのコメント「ツール・ド・フランスで区間1勝することは、ディメンションデータにとって大きな目標だった。それにマイヨ・ジョーヌを付け加えることは、我々のチームのスポンサーとクベカ慈善活動へのご褒美さ。チームのために、そして“子どもたちを自転車に乗せる”キャンペーンのために、僕はこれをやり遂げた」

■第1ステージ結果[7月2日/モン・サン・ミシェル~ユタ・ビーチ(サント・マリー・デュ・モン)/188km]
1 マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ/英国)4時間14分05秒
2 マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ/ドイツ)
3 ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
4 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル/ドイツ)
5 エドワルド・トゥンス(トレック・セガフレード/ベルギー)
6 クリストフ・ラポルト(コフィディス/フランス)
7 ブライアン・コカール(ディレクトエネルジー/フランス)
8 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ/ノルウェー)
9 ダニエル・マクレー(フォルチュネオ・ビタルコンセプト/英国)
10 グレッグ・ヘンダーソン(ロット・ソウダル/ニュージーランド)
86 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)
117 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ/英国)
※第2ステージはマルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)が着用

■山岳賞(マイヨ・アポワ):パウル・フォス(ボーラ・アルゴン18/ドイツ)
■新人賞(マイヨ・ブラン):エドワルド・トゥンス(トレック・セガフレード/ベルギー)
■チーム成績(黄ゼッケン):ロット・ソウダル(ベルギー)
■敢闘賞(赤ゼッケン):アントニ・ドラプラス(フォルチュネオ・ビタルコンセプト)

最終更新:7/3(日) 5:57

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

Yahoo!ニュースからのお知らせ