ここから本文です

鹿島MFカイオ、アル・アイン移籍が決定。日本代表入り嘱望も中東UAEへ

フットボールチャンネル 7/3(日) 4:23配信

 UAE1部のアル・アインは現地時間2日、鹿島アントラーズからブラジル人MFカイオの獲得で合意に至ったことを発表した。背番号は鹿島時代と同じ「7」に決まった。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ACLでもベスト8に進出しているアル・アインは同大会を勝ち抜くためにもカイオの獲得を望んでおり、再三に渡って獲得オファーを提示していたが、鹿島は固辞の姿勢を貫いていた。

 現地報道によれば当初断られたオファーは300万ユーロ(約3億4200万円)とされており、今回の獲得金額はそれ以上とみられる。

 2011年に千葉国際高校の留学生として来日したカイオは、2014年に鹿島へ加入。プロキャリアの全てを鹿島で過ごしており、将来的な日本国籍取得および日本代表入りも嘱望されていた。

 Jリーグでは通算で78試合に出場して23得点を記録。2014年の最優秀若手選手にも輝いている。

 今年1月にはサンフレッチェ広島FWドウグラスもアル・アインへ移籍しており、Jリーグはわずか半年間で2人の外国人選手を引き抜かれることとなった。

フットボールチャンネル

最終更新:7/3(日) 20:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。