ここから本文です

中日・吉見、投球フォームを戻したのは覚悟の表れ。結果の数字がともなってこそ真の「復活」【小田幸平の眼】

ベースボールチャンネル 7/3(日) 11:00配信

吉見の1球1球には意味がある

――吉見一起投手ですが、ここまで10試合に投げて3勝2敗、防御率2.78という成績です。故障の再発も心配されていましたが、ここ最近は中6日のローテーションを守っています。小田さんは吉見投手のピッチングをどうご覧になりますか?

 率直な気持ちとしては「戻ってきてくれて良かった」ですね。やっぱり他のピッチャーと違うと思うのは、1球1球に魂がこもっているところです。結果は別として、1球1球にちゃんと意味がある。すべてが勝負球で抜いた球が一つもない。「これを打てるものなら打ってみろ!」という気迫が感じられますね。

――全部の球が相手を抑えるためであったり、その伏線になっていたりするわけですね。

 そうそう。他の投手がいい加減に投げているというわけではないのですが、吉見に関してはその部分がすごい。100球も神経を使って投げられるわけはないと思いますが、ちゃんと神経を使って投げているように見えるんです。1球1球がこの試合を左右する球のように感じますね。

――それは小田さんがバッテリーを組んでいた頃から変わりませんか?

 まったく一緒だね! 受けていても、見ていても、それは感じます。吉見は150キロ近くの球が投げられるピッチャーだったのに、ピッチングスタイルを変えて今のようなコントロールを重視するピッチャーになったんです。「この道を進んでいくんだ」という覚悟があるんですよ。その覚悟が球に乗り移っているんじゃないのかな。

――10試合で3勝2敗というここまでの結果についてはどう考えますか?

 まだまだ行けると思いますよ。打線と噛み合わなかったこともあって、勝ち星に恵まれていませんでしたね。防御率が悪くても、勝ち星の数が上回っている投手はいますしね。そこはめぐりあわせだと思います。でも、ピッチング自体の安定感は抜群ですね。

――少し気になるのは、投球フォームを変えたところです。初登板の4月9日の巨人戦から5月4日の阪神戦まで、中10日以上の間隔を空けながら3試合に先発しましたが、0勝1敗、防御率4.76と結果が出ませんでした。そこで、肘に負担がかからない新フォームから、以前のような肘に負担がかかるフォームに戻したところ、結果が出るようになったということです。これも吉見投手の覚悟の表れでしょうか?

 その通りだと思います。肘に負担がかからない投げ方というのは、結局は逃げ道なんですよ。だけど、吹っ切れたというか、「俺の投げ方はやっぱりこうなんだ」と思ったんじゃないかな。僕は、自分の投げ方に戻して絶対に良かったと思いますよ。年々衰えていく部分はあると思いますが、まだまだ老けこむ年じゃない。スライダーの曲がり具合もいいし、今の投げている姿を見ると大丈夫だと思います。

――それを聞いて安心しました。

 吉見には、無理せず、急いでやってもらいたいですね。「無理せず」というのは、肘の調子をケアしながら投げて欲しいということ。「急いで」というのは、チームの状況がけっして良くありませんから、急いで勝ち星を挙げてもらいたいということです。「あなたが急いで活躍しないといけないよ」と。吉見はそういう選手なんです。

1/2ページ

最終更新:7/3(日) 11:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。