ここから本文です

ツール・ド・フランス第1ステージでコンタドールが落車して負傷!

CYCLE SPORTS.jp 7/3(日) 6:03配信

骨折はなく85位でゴール

7月2日にフランス北西部のマンシュ県で開幕した第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)で、優勝候補の1人であるスペインのアルベルト・コンタドール(ティンコフ)が、107km地点の中央分離帯に前輪をぶつけて落車する事故があった。

コンタドールはすぐ集団に復帰し、85位でゴールしたが、落車で右肩、右ヒジなどを負傷してしまった。しかし、幸い骨折はなかった。「スタートとして最良の方法ではない。僕は右半身の足首から上を全部傷つけた。でも、少なくとも家に帰らずには済みそうだ。この後の数日間を過ごすことができて、山岳の前には回復できることを望んでいる」と、彼はゴール直後に語っていた。

■負傷したコンタドールのコメント「我々は自転車競技というものが、どういうものなのか分かっている。数ヶ月かけて準備をしたのに、初日に路上に落ちるんだ。幸いどこも骨折はしていなかった。X線検査は不要だ。肩の痛みはポジショニング次第だが、ツール・ド・フランスはここで終わりはしない」

最終更新:7/3(日) 6:03

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。