ここから本文です

SMAP 草なぎ剛が愛される理由ーー朗らかな姿勢の裏で積み重ねられた努力

リアルサウンド 7/3(日) 7:00配信

 7月9日は、SMAP草なぎ剛の誕生日。まもなく42歳となる草なぎは、演技をすれば各監督から賞賛され、忙しさを言い訳にせず肉体改造や韓国語習得をした「努力家」として定評がある。しかしながら、バラエティではふわふわな一面を見せる、永遠の愛されキャラだ。

 6月27日放送の『SMAPバラエティつよしんごろうの境界線クイズ2016スペシャル!!!』(フジテレビ系)では、天然っぷりが炸裂したMCが話題に。共にMCを務めた香取慎吾、稲垣吾郎が徹底的にフォローに入り、芸人のブラックマヨネーズや土田晃之などが、盛大にツッコミ笑いを誘った。

 例えば、「スキルを見せつける」という意味で、腕を叩くポーズをしようとするも、肘を叩いてしまい一笑い。コメントを聞きに行こうとするも、該当者を通りすぎて、別の人に聞いてしまう展開でもう一笑い。ほかにも、「軽音楽」を「かいおんがく」、「二宮」を「にのやみ」と読み間違え、笑いが次々と畳み掛けられたのだ。

 だが、当の本人は決して狙っていなかったようで大汗をかいており、香取がちゃちゃをいれたほど。ブラックマヨネーズの小杉からは「死ぬほどテレビ出てるのに、なんで?」とギャップを指摘されるなど、番組は終始、草なぎによって笑いがもたらされていた。

 そんな草なぎをほっておけないと、香取は常に隣でスタンバイ。もともと親友である二人の軽妙なやりとりは、見ていてとてもほほえましい。SMAPが芸能界で大御所であるにも関わらず、気さくに話しかけられるのではないかと思えるほどフレンドリーな雰囲気を保っているのは、草なぎという存在がいるからなのかもしれない。

 草なぎ剛という人は、とても人間らしいのだ。人間関係ではクッションのような役割で周りに安心感を与え、ときには彼の努力や真剣な姿に勇気をもらえる。一般人にはできない芸を見せることで、芸能人は脚光を浴びている。なかでもアイドルのエリートたちが集うジャニーズに関しては、その期待は一層大きくなる。彼らは人知れず努力し、誰にも弱さを見せずに駆け上っていく。草なぎも、そうして実力を身につけていった1人だ。

 だが、草なぎの場合は、周りに「本当にすごい」と思わせるストイックさを持ちながら、常に朗らかな姿勢が変わらないことが最大の魅力。決しておごることなく、どんなに忙しくても、追い詰められていても周囲への気遣いを忘れず、笑顔で過ごしてきた。それは、一般人の生活でも、なかなかできないことだとわかる。

 だからこそ、私たちは草なぎ剛を愛してしまうのだ。演技の場面では誰よりも早く台本を覚えようとする謙虚な気持ち。バラエティでは失敗を恐れずに自分を出していく姿勢…才能が開花するのは、こうした丁寧な取り組みの延長線上にあるのだと、草なぎから学ぶことができる。私達の日常においても「彼の努力に比べたら、本当にささいなことだけれど、ここから始めてみよう」そんな小さなキッカケをくれるのだ。

 2016年の上半期は、SMAPファンにとっては非常に心が揺さぶられた半年だったことだろう。願うのは下半期のSMAPが、さらにイキイキと活躍できること。きっと、今も彼らはファンを笑顔にするために努力をし続けているはずだ。それを信じていきたい。いつだって彼らの努力は、後々に語られるのだから。

佐藤結衣

最終更新:7/3(日) 7:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。