ここから本文です

ウェールズ、怒涛の快進撃で準決勝進出。ベルギー撃破で指揮官が選手たちを称賛

フットボールチャンネル 7/3(日) 7:40配信

 ウェールズ代表を率いるクリス・コールマン監督が、EURO初出場ながら準決勝進出を果たした選手たちを称賛した。2日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 現地時間1日に行われたベルギー戦では、先制されながらも前半のうちに追いつき、後半に逆転した。相手はFIFAランキング2位で優勝候補のチームだったが、強力な攻撃陣をおさえて見事に3-1の勝利をおさめている。コールマン監督は試合後に選手達を称賛した。

「我々は非常に攻撃的なチームであることを観に来た人に見せたかった。そして、我々はそれをやって見せた。サム・ボークスがゴールを決めてくれて本当に嬉しいよ。彼は常にプレーできているわけではないが、常に最大限の力で懸命に働いてくれる。アシュリー・ウィリアムスは多くのゴールを決めることはないが、どんな時でもリーダーだね。ハル・ロブソン=カヌはとても凄いパフォーマンスだった」

 また、一方で「夢を持つことを恐れてはいけない。4年前、我々は今日を想像できる所から、遠くかけ離れた場所にいた。私は成功よりも失敗の方が多いくらいだが、失敗することは恐れていないよ」とコメントし、夢を持つ大切さを語っている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/3(日) 9:09

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。