ここから本文です

守護神ノイアー止めた! ドイツがPK戦9人目にもつれ込む死闘の末にイタリアを破り3大会連続4強へ

Football ZONE web 7/3(日) 7:18配信

堅守の伝統国同士が激突

 欧州選手権(EURO)準々決勝で最大のビッグカードになったイタリア対ドイツの一戦は、伝統国のプライドがぶつかる死闘になった。後半20分にMFメスト・エジルのゴールでドイツが先制するも、同32分にイタリアがレオナルド・ボヌッチのPKで同点に追いつき、試合は延長戦に突入。120分を1-1で終えて突入したPKも9人目までもつれ込んだ激闘の末に、ドイツが6-5で制し、3大会連続の準決勝進出を果たした。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ドイツを率いるヨアヒム・レーブ監督は、今大会で快進撃を続けるイタリアに対して3バックシステムをチョイス。3バックのイタリアと同じシステムをぶつける策に出た。一方のイタリアは、中盤の底でゲームを組み立てるMFダニエレ・デロッシが負傷によりスタメンに入ることができず、その上にMFチアゴ・モッタが出場停止。MFマルコ・パローロをアンカーに下げ、MFステファノ・ストゥラーロをパローロの位置に起用した。

 試合は開始直後からドイツがボールを保持し、イタリアが守備ブロックを作って待ち構える展開になった。イタリアはボールを奪った後のパスが次々とドイツのプレスの網にかかり、必殺のカウンターを繰り出せない。アントニオ・コンテ監督が作り上げてきた攻撃パターンをレーブ監督が研究してきたことがピッチ上に現れた。ドイツは前半15分でMFサミ・ケディラが負傷交代するアクシデントがあったが、代わって入ったMFバスティアン・シュバインシュタイガーが攻守に効果的なプレーを見せて穴を感じさせなかった。

 それでもドイツはGKジャンルイジ・ブッフォンに加え、“イタリア版BBC”と呼ばれるDFアンドレア・バルザーリ、DFレオナルド・ボヌッチ、DFジョルジョ・キエッリーニが形成するイタリア王者ユベントスの守備ブロックを崩せず。決定的なチャンスは作れなかった。一方で、イタリアもドイツゴールに迫る場面はほとんど作ることができず、スコアレスのままハーフタイムを迎えた。

1/2ページ

最終更新:7/3(日) 9:46

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。