ここから本文です

クロップが確信する古巣ドルトムントの躍進 愛弟子が大量流出も「競争力を維持できる」

Football ZONE web 7/3(日) 11:11配信

主力の移籍で弱体化が懸念されるも名将は力強くエール

 ドルトムントは主将のドイツ代表DFマッツ・フンメルス、司令塔のドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンに加え、今季ブンデスリーガのアシスト王に輝いたアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンと、主軸が一斉に流出することになった。チーム弱体化の危機に瀕しているが、2季前まで指揮を執っていた名将で現在リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、新生ドルトムントの躍進を確信しているようだ。ドイツ地元紙「ビルト」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 クロップ政権時に獲得したワールドクラスの実力者が、ジグナル・イドゥナ・パルクから去ることになった。攻守の屋台骨が抜けることになるドルトムントは弱体化が懸念されるが、英雄は力強くエールを送った。

「ドルトムントはヨーロッパ最大の才能のほとんど全てを、この移籍市場で獲得することができたんだ。私はボルシア・ドルトムントを心配していない。私がBVBに加わった時も同じ状況だったんだ」

 ドルトムントは今夏、優秀な若手を買い漁った。ポルトガル代表DFラファエル・ゲレーロ(←ロリアン)、トルコ代表MFエムレ・モル(←ノアシェラン)、U-19スペイン代表MFミケル・メリーノ(←オサスナ)、U-21フランス代表FWウスマン・デンベレ(←スタッド・レンヌ)という若手の有望株を手中に収めることに成功。未来の復権に対する布石は周到だと、クロップ監督も認めている。

後継者トゥヘル監督にも全幅の信頼

「もしもキープレイヤーが、3人移籍してもなお競争力を維持できるクラブが1つあるとすれば、それはボルシア・ドルトムントであり、トーマス・トゥヘルだ」

 クロップ監督は古巣と後継者に全幅の信頼を置いていた。自身もバイエルンにFWロベルト・レバンドフスキ、MFマリオ・ゲッツェというエース級を引き抜かれ続けてきた。

 ドルトムントはドイツ代表の天才MFマルコ・ロイスが内転筋の故障で開幕絶望ともレポートされるなど危機的状況だが、クロップ監督は愛弟子の日本代表MF香川真司らが所属する古巣の反転攻勢にエールを送っていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/3(日) 11:11

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。